スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ズベズダ BT-5 1/35 その1

わんこです。
ズベズダ BT-5-1
お久しぶりで御座います。
11月になりましたね。
KV-1は結局連結キャタピラを履かせる事に決定した為
起動輪の幅を広げる事が必要になりましたが、すでにガッチガチに接着されているため
新たに起動輪のパーツが必要になってしまいました。
幸い友人から頂ける事になった組み立て途中のタミヤKV-2待ちになっております。

という訳でズベズダのBT-5を弄っております
前回から全然進んでいないようですが
これでも進んでいるんです

BT戦車の際にもにも書きましたが
とにかく合わせが悪いので
隙間を埋めてはペーパーをかけるの繰り返しが続いております。
ズベズダ BT-5-2
角をきっちり出す為に
落としたく無いリベットも削り落とし(涙)
ズベズダ BT-5-3
埋めて削って又埋めて
ズベズダ BT-5-4
段差を無くすためプラペーパーを貼付け

などなど
穴を掘って又埋める拷問
のような状態が続いております。

単に
BT-7とBT-5を並べてみたい
素組で気軽にと思っていたのですが

これモールド?
打ち出しピンの跡?

どちらとも解釈出来る微妙な部分が多く
ついに
実車写真にまで手を出す始末
そーやって見てみると
koko1
あれっ?
ここにこんな段がある。

とか気がつき
ズベズダ BT-5-5
こんな事をやりはじめ
ズベズダ BT-5-6
なんとなくここが中抜けなの怪しいなぁ
と思っていた部分も
koko2
やっぱり中が埋まっている
なんて
気がつかなくていい事
迄気がついてしまい
あわててエポキシパテで埋め出す始末(汗)

写真なんて見なきゃ気にならなかったのに
見ちゃうとやっぱり気になる
別に
徹底的にディティルアップなんか考えてないのに(涙)
どんどん深みにハマっていきます。

これは
年内完成はかなり無理ぽい(汗)
でも、年内には戦車あと1台は完成させたいなぁ。




スポンサーサイト

PageTop

KV-1 実車動画


イメージと違って意外に小気味良く動いてますね。

PageTop

タミヤ1/35KV-1(TYPE-C)1

わんこです。
過去に作った(作りかけていた)プラモでお茶濁しをしていましたが
今回のKVー1は現在進行形の物です。

タミヤ1/35 KV-1(TYPE-C)は
トランぺッターより新作の発売された現在では過去の物になった感がありますが
戦車プラモデルとして見た場合まだまだ面白みのあるキットだと思います。

まずパーツ点数の少なさと組み立てやすさ。
そして
驚く程少ないパーツ点数ですが組み上がると
意外にらしい仕上がりになる説得力

精密化によるパーツ点数の多さから組み上がりまでに時間がかかってしまう
ストレスが無く、最近のキットに行き詰まりを感じた時には
一日もあれば形になってしまうこのキットは気分転換に最適なキットです。
同様なキットに同じくタミヤのセンチュリオンなどもあげられます

私がプラモに復帰できた切っ掛けもタミヤのKV-1B型を完成させた事でした。

流石に裏面にまったくモールドの施されていないキャタピラは
完成後気になってしまうところはありますが
昔ながらの
カッターで線を入れたり(笑)
社外品の連結キャタピラを使ってあげれば
KV-1て戦車はこんな感じの戦車か
てのを気軽に楽しめむ
プラモとして楽しんであげるのが良いと思います。

うるさい事を言えばキャタピラ以外にも
フェンダーの幅やフェンダー支持架や起動輪の幅などありますが
その辺は新作のトランぺッターやタミヤ1/48を購入して製作をすればいいわけですし。

と言う訳で
毎度の事ながら毎おきが長くなりましたが
今回タミヤのKV-1を組もうと思ったのがタミヤのBT-7戦車でした。

BT戦車なので初期ソビエト戦車らしい明るいグリーンを塗ってみようと思ったのですが。
自分の塗装のやり方では暗めに上がってしまう為
過去に全体にウオッシングを施した際にロシアングリーン2のような色になってしまいました(笑)
クレオスのロシアングリーン1
ロシアングリーン1
より明るめのなにかいい色はないか
いつもと違う色で試しに塗ってみたいと思い探して見つけた
ガンダムカラーHG「バウ(量産型)」
HG「バウ(量産型)」
ガンダムカラーのHG「バウ(量産型)」
この見本チャートではあまり明るさに違いがみられませんが
この一番明るいグリーンがかなりいけそうと思い試したのが意外によかったので
手塚模型さんで処分価格で安くなっていたのも大きな理由ですが(笑)
タミヤBT1
他のソビエト戦車(初期かラーリング)で試して見ようと思ったのが切っ掛けでした。

せっかくなどで塗装のやり方を変えてみようと
何時もの暗色ベースの通称マックス塗りから一段進めて
下地塗装から光の当る部分は明るめのグレーで塗装し
基本塗装のグリーンの吹き重ねでグラデーションを強調する。
基本塗装後のつや消しクリアーでのい仕上げを行わず
艶の出ている塗装にするという方向性を決めてはじめてみました。
タミヤKV-1全体2
現在の所こんな感じになっております。
タミヤKV-1全体1
暗い所と明るい所の下地差は思ったように出来ずまだまだ改善の余地があります。

基本の組み立てに殆ど時間がかからなかったので
ソビエト戦車特有の荒々しい鋳造表面をリューターで
砲塔の溶接跡をアバーディーンの実車写真を見ながらそれらしく
筒抜けで何も無いペリスコープガイドの中にプラ棒加工のペルスコープを入れたり
車体側面の視察溝とピストルポートの穴開けなどもやってみました。

まだ全体が上がっていないのに
砲塔にハルレッドのスミ入れしたり、BT戦車で試したチッピングをしたりしているのが
相変わらず大バカものです(笑)

もお一つ今回試した見たのが
ジェルインクボールペンによるスローガン書きです。
下の写真がジェルインクボールペンで書き込んだスローガンです。
タミヤKV-1砲塔1
今迄は筆で何度も書き直ししたりしてやっとの思いで仕上げたスローガンが
まだまだ改良の余地があるとは思いますが意外に上手く上がりました。
タミヤKV-1砲塔2
下地の塗装がきちんと乾いていればボールペンですので真っ直ぐとした線がかけますし
文字の太さも調整可能なのです。
調べてみると
ジェルインクボールペンはペン先の太さに種類も色々あり
ペン先が交換出来る物もあるようですので他の物も色々試してみたいと思っています。

キャタピラをキット純正のベルト式の物にするか
友達からもらったトランぺッターのベルト式にするか
トランぺッターの連結キャタピラにするかで現在のところ悩んでおります。





PageTop

BT戦車 実車動画

BT戦車の動画です。

ソビエト時代の宣伝映画のようです。
いやぁ、早い早い
まさに快速戦車の名に恥じない走りですね。
宣伝用にかなり派手にジャンプさせられたりしてますが
搭乗員は大変だったでしょうね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。