スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新製品

わんこです。
サイバーホビーから25ポンド砲が出るようですね。
サイバーホビー25ポンド
タミヤの名作キットがありますが、そろそろ新作も見たかったので嬉しいです。
箱絵ポーズのフィギュアも楽しみです。

VULCAN Scale Modelsバルカンスケールモデル でいいのかな?
2ポンド砲
VULCAN Scale Models
これは初インジェクションキット化
ついでに2ポンド砲搭載のガンポーティーで出ないかな?

先日発売されたブロンコの17ポンド砲
ブロンコ17ポンド砲
大きなサイズのスケールでは
1/32エアフックス  1/35ピットロードのメタルキットと
ありましたがヤットインジェクションキット化

と英軍ファンにはたまらないラインナップが続きますね~

後は
旧マックスの名作キットがありますがそろそろお疲れ気味な感じなので
新作6ポンド砲も欲しいところ
6ポンド砲が発売されれば
2~25迄の主要英軍火砲がそろいますね。

さて
これで
タミヤの25ポンド砲
素組で組む口実が出来たぞ(笑)

スポンサーサイト

PageTop

でタミヤさんへのリクエスト

わんこです。
前回タミヤのBT-7の話しを書きましたが
タミヤMMシリーズでモデライズされている戦車の中で
一番年式の古い年式(1935年)の戦車が
この

このBT-7であります。



で、折角ですからこれを機会に年式の古い戦車を是非発売して欲しい
色々候補はあるんですが
第一次世界大戦~第二次世界大戦(一部インドシナ紛争)と
長い期間使用され。
本国はじめアメリカや日本やその他諸々の国で使用された
世界初の回転砲塔採用戦車
ルノーFT
ルノーFT

是非1/35で製品化して欲しいです。

バリエーション展開も色々出来ますし
最近のタミヤさんはシャールB1やUEトラクター、ルクレール
なども製品化していますし。すでに候補かな?

すでに他社より1/35では発売されているんですが
BT-7同様スラスラ組めるキットで欲しいです。

最近はファインモールドの89式なども発売されていますし
89


というか発売中?

なんていいますか
タンク、タンクした戦車
キットが欲しいんです。

そーすれば第一次大戦戦車の口火も切られて
私の大本命元祖タンク
菱形戦車マーク1(またはマーク4)
菱形

がタミヤから絶対発売されるはずなので(笑)
まぁ、これも他社から発売されているんですが

いや、ルノーFTも欲しいんです。
本当ですってば(汗)
A7Vは
タウロ
タウロのがあるからいらないよね?(笑)←興味無し?

流石に
ガーデンロイド

ガーデンロイド発売しろ!
なんて事は絶対いいませんから、お願いします(爆)

と書いて気がついたんですが実は一番年式の古いのは
トラクタ
これフランス陸軍 UEトラクターでした(1931年より生産)(笑)
ガーデンロイド系ですから当然といや当然ですね。
まぁ、トラクターと銘打っていますので…
でも、これも同じフランスの車両なんで是非是非。


PageTop

BT戦車

わんこです。

てな訳で、スオミな三突の話しにも出た
タミヤ1/35のBT-7ですが前にちょこっとブログに書きましたが。
行きつけの模型屋さんよりサンプルを頂き組んでみました。
なんで今回は名前出さないの?(笑)

とにかく発売日に間に合わせるを目標でストレート組みで
フィギュア外注(笑)
フィギュアの絡みで簡単なベースを付けただけの物ですが
BT-7タミヤ1
外注フィギュア


流石タミヤ
組み立て説明書を見ながら
タミヤBT4

パカパカ組める名キット
感動しました。
組み立てにストレスが無かった分少し塗装に手間をかけて見ようと
最近流行のチッピング
タミヤBT1
タミヤBT2
タミヤBT3
にも大胆ながらチャレンジしてみました。
初チャレンジのわりには
まぁ、比較的… 上手くいった…かなぁ(汗)

ベースも
フィギュアを作ってくれたKさんより頂いた
「牛肉味噌漬け」の上蓋をひっくり返して
オイルスティンで仕上げ
ニス代わりに手元にあったウルトラスーパークリアーを吹いたものに
かなりピカピカになり過ぎてしまいましたが(汗)
ダイソースチレンボードを切り出して
キャタピラ部分をマジックペンでへこませて
タミヤテスチャーペイントを塗り付け
乾く前にスタティックグラスを振りまいて3時間程で完成したものを
乾燥後木工用ボンドで取り付けました。
アイランドベース


ベースも込みで
一週間で完成
は私的には脅威なスピードでした。


ソビエト戦車にはそれほど興味が無いのですが
BT戦車は大好きな戦車で
その昔発売されていたペーパーモデル戦車製作集の本
を参考にスクラッチに挑戦した事があるくらいでした。

あっ、もちろんスクラッチは
完成しませんでしたが(爆)

で、実はタミヤのBT-7以前に発売されていた
イタレリ(ズベズダ)のBT-5も購入してあったのを思い出し
BT-7と並べてみたいなと思い今作っています。
ズベズダパッケージ


いや、驚いた事にパーツ構成がかなり似ています
流石本国に実車が残っているだけあるなぁ、と感心したのですが

組み合わせの悪さ隙間の多さにも
感心させられちゃいました(爆)
ズベズダBT-5の1

いや、正確に言えば
私のプラモ製作のスキルが低い
だけなんです
ちゃんと擦り合わせをしっかりやって作ればそれほど問題ないのでしょうが
タミヤのキットを組んだ後なので…

でもタミヤのBT-7のあまりパーツが
ズベズダBT-5の2
流用パーツとして使えるので
ズベズダBT-5の3
ちょっと嬉しいです(笑)

こいつは何時完成するか未定ですが
完成したらBT-5とBT-7が並べられるので楽しみです。




PageTop

タミヤの新製品

わんこです。
もぉ、模型雑誌の広告にも出ていますがタミヤの新製品
驚きましたスオミな三突
スオミ3突
三号突撃砲のフィンランド軍仕様なんですね。

正直、ソビエトとフィンランドの戦い「冬戦争」や「継続戦争」には興味があって
色々本を読んだりしていたんですが
使用していた車両には模型的に興味なかったんですよね。

ところがどっこい、この完成品の写真見たらなんでだろ?
急に作ってみたくなりました(笑)

しかしこの前発売されたBT-7
タミヤBT
の発売でこれ
    ↓
ギムナス
大戦初期のソビエト兵の発売は予想付いたんですが
(今迄クルスク戦以降のルパシカのフギュアしか出ていなかったのが不思議)

まさかスオミなアイテムとはびっくりしました。

てことは、ひょっとすると?
BT-7のバリエーションで
スオミBT
こんなのも出たりする?

いや、まさかそれはないよね?(笑)




PageTop

姪っ子と一緒にジオラマ製作 3

わんこです。

姪っ子と一緒にジオラマ製作
または
地獄の元旦1/16フィギュア大会3


未だ時間は
2009年12月28日
て、もぉそろそろ2011年なんですが 汗

あかりの持って来た塗り絵を御見本に
プリキュアの絵を
プリキュア

しかもミリペンで
背景の点描までしながら
4枚書き(自爆)
8畳間で見え見えのかくれんぼをしたりなんだりと
可愛い姪っ子あかりから解放され
戻ったのがPM11時過ぎ
昔だったら
大橋巨泉
大橋巨泉
うっしっしっ
と笑っている時間。

くたくたになりながらも
少しでも先に進めねばと作業再開。

昼間もったエポパテも削れる固さになってきたので
ひたすら削る磨く
なんだかやっぱり
穴を掘って又埋める
拷問を受けているような感覚が…

このままではまずい
よし
気分転換別の作業をやろう
すでに下仕上げは終わっているベース
ベース2
何故か家には沢山転がっている
毎度お馴染み
「盃の箱」
ベース1
オイルスティンもニス代わりのクリアーも吹いてある
後はこれに
アイランド型の地面を作って乗せるだけ。
よしよし
フィギュア用のベースを作り始めよう。

まずはどんな感じになるかフィギュアを置いてみよう。
ベース3
おおっ、いい感じ
なんかすごく作業が進んだ気がするぞ(爆)

と、あちらこちらから眺めて
1時間経過
すでに日時は
2009年12月29日AM3時

アイランドベース作らなきゃ(汗)

ダイソースチレンボードを二枚合わせて木工用ボンドで固定

ボンドが乾く迄
削ったり出来ないよね(涙)

ああっ、残りは明日(というか起きてから)

という訳で
姪っ子と一緒にジオラマ製作
または
地獄の元旦1/16フィギュア大会4
に続く。

この話しなんとか
2010年内に終わらせなきゃ
(自爆)


姪っ子と一緒にジオラマ製作
または
地獄の元旦1/16フィギュア大会2





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。