スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1/35RCタンク バトルシステム


これでセンサー類が完全に内蔵だったらなぁ
かっちょいいんだけど

スポンサーサイト

PageTop

1/16 RC KV-2



タミヤの1/16 RC KV-2
かっちょいいけど値段的に手がでないぃ。

PageTop

プラモデルの歴史

わんこです。

今あたりまえに前に作ってる「プラモデル」の歴史
「なんですか?この屑は?」
そんな言葉をかけられたプラモデル
アメリカのプラモのコピーからはじまった日本のプラモデルも今や「世界一」
プラモデル版プロジェクトX(笑)

思わず見入ってしまいました(笑)
画面のコメントが鬱陶しい場合は、右下のヒヨコみたいなボタンをポチッと押してください。コメントが消えます。

まずは「ブリキ」に「マルサン」

プラモデル」って登録商標なんだよね
今では更に略されて「プラモ」
金馬のいってる「プラ模型」なんて言い方も昔はしてましたね(笑)

プラモデル
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB

伝説の番組「陸と海と空」 流石に私、見てませんよ(笑)

しかし、木製模型からプラスチック模型の移行って大変だったろうね。

ハセガワがF-104の実機を購入したのって
戦闘機のキットの第一号が「F-104J」だったからなのね。

「空のハセガワ 陸のタミヤ 海のニチモ」

城のプラモっていうと笑ってしまいますが
タミヤの戦車より制作費かかってたんだねぇ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。