スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゲルググ大会・バックパック可動部分【にゃんこ編13】

にゃんこです☆

仕事を、どうにか締め切りぎりぎりに終わらせて、さて、プラモプラモ♪
……いや、まだ今週中に仕上げなきゃいけないラフデザインがあるんですけどね……。
(- -;)

このゲルググ制作のシリーズ記事は、以下の通りです。

バックパック背面に穴

とりあえず、ピンバイスを初めて使ってみたのが昨日でしたが、それで気を良くしたわたしは、ピンバイスの嵐へ突入~~!!
昨日発見したI-TIPの一つを使用してみることに。
バックパックの背面となる部品に、穴をあけて、それを棒ヤスリでぐりぐりと広げます。
ちょっと苦労しましたけど、無事、取り付けに成功

I-TIP取り付け☆

なかなかの満足感です。
もう一つ、I-TIPをくっつけて、これで背面はOK♪


さて、プラ板を組む以上に難関なのは、プロペラントタンクの可動部分
そう、1/144ゲルググマリーネのプロペラントタンクは、前後に微妙な可動があるのです。
最初は、バックパックの内部にポリパテを『くにゅっ』とくっつけて、そこにポリキャップを『ぷにゅっ☆』と埋め込むことを考えていました。
そして、それを実行してみました。
……が。
このやり方だと、左右のプロペラントの角度に誤差が出やすいことが判明。
……。
…………。
どど、どうしよ?!

タンク可動部分

にゃんこ、考えてみました。
一番無難なのは、ちゃんと物差しで計って、プラ板でポリキャップを固定すること、のようです。
面倒だけど、仕方が無い……。
またもやピンバイスのご登場ゥ~ッ!!
正方形のプラ板を4つ作り、四枚重ねたところで、ピンバイスで一気に穴をあけます。
これで、誤差が少なく同じ箇所に穴があいてくれる……はず。多分。
そして例によって、棒ヤスリでぐりぐりと拡げます。

可動部分を取り付け♪

カッティングシートには、目盛りがついています。
なので、その目盛りを参考に、左右のプロペラントタンクの角度を揃えます。
そして……そーっと、流し込み接着剤でくっつけます。
さらに、プラ棒を切って、接着剤で補強。
……た、多分OK!!

ついでなので、昨日ピンバイスで開けた穴にプラ棒をまっすぐ挿入し、その根元をエポキシパテで固定しました。
さらに!!
可動部分が『べりっ』とはがれてしまうのを少しでも防ぐべく、余ったエポキシパテで補強してみました。

……ふい~~~。
な、なんか、少しずつ形になってきた?!

バックパック内部、完成?

スポンサーサイト

PageTop

ゲルググ大会・バックパック制作進行中【にゃんこ編12】

にゃんこです☆

久しぶりに、ゲルググの制作過程の正式記事をアップします。
これというのも、しばらくは、
やっぱりスクラッチなんて、敷居が高いよね~~。やる気がなかなか起らん……
と、テンションが低いまま過ごしていたから……。
しかし、T子ちゃん夫妻の新居にて、3人でわいわいとプラモ作りをしたおかげで、そして、 『ふっふっふ、初心者どもめ、わたしなんか、スクラッチしてるもんね~~
な、お子様的、長女的(?)な『えっへん☆』心理のおかげで、スクラッチの作業が進みました☆
まあ、ぶっちゃ毛、楽しそうにプラモを作るT子ちゃん&旦那さんの姿を見ていて、改めてプラモ作りの楽しさを取り戻したおかげですけどね。
二人には感謝しなきゃ☆

さて、このゲルググ制作のシリーズ記事は、以下の通りです。

前回の記事では、Adobe Illustratorにて精密(?)な設計図を描き、それを印刷して、切り取ってプラ板に貼付ける、というところまで書きました。
貼付けた部品の形に沿って、デザインナイフで慎重に切り抜いてゆきますが、これがまた気分が萎えるほど大変な作業……。

バックパック絶賛製作中ゥ!!

切り抜いた部品を、接着剤で組み合わせて行きます。
内部の、角の部分には、補強のためにプラ棒を付けました。
このバックパック、台形な形をしているために、角度をつけなければいけない箇所も。
最初は、『NOMO-KEN』に従って、熱で曲げることを考えました。
線香などのピンポイントな熱で曲げる、という技ですね。
しかし……それで、間違えてしまったら、また切り抜き直しの憂き羽目になりかねない。
わんこと相談し、内側にデザインナイフにて『V字』の切り込みを入れ、曲げることにしました。
これなら、削る量により慎重に角度を作る事ができますね。

そんなこんなで、T子ちゃん宅にて、大まかに組み上げました。
が、設計上での計算ミスや切り抜きのまずさ等で、隙間が空いている箇所も……。
そこは、パテで埋めることに。
今日は、その作業でした。
わんこが買ってくれたポリパテを使おうと思いましたが、硬化剤との混合に自信がない……。
ふと見ると、工具箱にはホワイトパテが。
よし、これを使おう!!
……デザインナイフで、埋めるべき隙間に盛り込み、ならしてゆきます。
あれ……?
なんか、わんこ、
このホワイトパテは扱いが難しいから、使ってはならない
とか言ってたような???
ま、いっか~~、わっはっは☆

パテを盛った後、もうすこし作業をしたくなりました。
バックパックをゲルググ本体に付けるための棒を入れるべく、穴をあけます。
ついに……ついにピンバイスの実用が!!
慎重に、開けるべき箇所を計って、鉛筆で印をつけ、ピンバイスの先端を当て、そっと開けてゆきます……。
多分、OK。
この穴では小さいので、3mmのプラ棒を通すために、棒ヤスリを突っ込んで、回しながら穴を大きく広げてゆきます。

まだ物足りない……。
もうすこし作業をするかなっと。
バックパックのエッジの部分を、45度くらいに削ります
パテ盛りしたところに指が触れないように……。

さらに!
プロペラントタンクを付けることを考えて、以前作ったキットのポリキャップを。
3mmのプラ棒にぴったりのがありました♪
これを、さて、どうくっつけるか……。
ポリパテを盛って、そこに『ぶにゅっ』と付けることを考えています。

I-TIP

さらにさらに!
ポリキャップを探していたら、思いがけないものが!!
『I-TIP』
多分、わんこが買っておいたものでしょうね。
これは、ありがたく使わせてもらいましょう☆
ディティールアップなりよ~~~~~♪


バックパック、パテ盛り

PageTop

塗装用クリップ建造作戦

にゃんこです☆

ああ~~♪
自分のパソコンは、使いやすくていいねえ……♪

ただ今、T子ちゃん宅から帰宅しました。
今日は、T子ちゃんの旦那さんが、
塗装に挑戦する!!
とのことで、塗料や必要物資を得るための作戦行動を。
しかし……旦那さんのストライク・フリーダム・ガンダムは、塗料を調合するパターンばかりなので、ちと敷居が高い……?
しかも山田うどん電機のプラモコーナーには、スポイドがありませんでした……。
まあ、塗料の調合は、工夫次第、ということで。
エアブラシに手を出すのはまだ抵抗があるようで、とりあえず最初は筆塗りから。
いや、最初は筆塗りから始めるのが正解、というのがわんこの『教え』なので、ちょうどよいですね。
基本が出来てから、次のステップ、ということで。
筆塗りが上手くなるまでは、わたしもエアブラシを使わせてもらえませんでしたし。

塗装用クリップセット

100円ショップへ立ち寄り、塗料を乾かすためのクリップの材料を購入します。
まず、クリップ
そして、竹串
それらをつなげるビニールテープ
串を突き立てるための脂粘土……は無かったので、発泡スチロールのブロックを。
さらに、細かい部品のために、爪楊枝を。

帰宅後、わたしがせっせとクリップを作ります。
それを見て、旦那さんも同じように作ります。

塗装前に、改めて、ゲート処理の甘かった部分を、旦那さんやT子ちゃんが自発的に修正します。
嬉しいですね♪
先輩面のわたしは、ひょいと部品の一つを手に取り、400番から始めて、1200番まで使って綺麗に磨いてみせます。
ほら、こういう風に、番数の小さい順で磨くと、こんな風に綺麗になるでしょ。触ってみて。ほら、表面がでこぼこしてないでしょ
見本を見せます。
というか、悦に入ります☆

いよいよ、塗装。
ラッカー系は、まずきちんと撹拌するように、と説明を。
もしそれを怠ったら、
色ムラこうなってしまうんだよ
と、失敗例を見せます。
そう、HGゲルググ・マリーネのプロペラントタンクです。
これを塗った当時、筆ムラは無かったけれど、撹拌の必要性を知らず、色ムラが出たのですよね……。

次に、
そのままでは濃いので、シンナーで若干薄めておきます
と。
まずは同じ方向へ、すっ……すっ……と筆を運んで、乾いたら違う方向でまたすっ……すっ……と塗るようにね
見本を見せます。
T子ちゃんも、昨日作ったセイバーガンダムの塗装に挑戦。

しかし……。
乾きかけてゴテゴテになってきた筆で、ごにょごにょと塗るので、筆ムラが……。
いや、口は出すまい。
今はとにかく、楽しんで塗ることが大切なのだ!
一通り、塗装を楽しんだ上で、
今回は筆ムラが出ちゃいましたね。でも、次回は出さないよう綺麗に塗れるといいですよね。その為には、こうやって塗ると良いですよ~
と説明をするつもり。

をを!!
たった9ヶ月とはいえ『先輩な気分』を、じぃ~~~ん……と噛み締めるわたし☆
まあ、わたしの場合、わんこが色々と機材を揃えてくれたという、有利な条件があった訳ですけどね。

PageTop

T子ちゃん夫婦とガンプラ作り☆

にゃんこです☆

お出かけセット

今日は午後から、T子ちゃん夫婦の新居へお邪魔しています。
わたしがプラモを作る、と聞いた旦那さんの発案にて、
「みんなで、プラモを作ろう!」
ということになりまして、せっせと用意をして出かけましたよ。
一応、ゲルググのバックパック&プロペラントタンクを作成するつもりですが、万が一のことを考えて、まだ作っていないキットも持参することに。
MG陸戦ガンダムです。

駅へついたら、夫婦そろってお出迎え。
途中の山田うどん電器へ立ち寄り、二人が作るキットを選ぶことに。
旦那さんは、ファーストは知らないけどSEEDのファンということで、SEEDのキットを選ぶことに。
T子ちゃんはファースト好きですが、旦那さんの好みに合わせて彼女もSEEDを。

つか・・・今、T子ちゃんのパソコンを借りていますが、使い慣れていないキーボードは辛いですね・・・。いつもはMACのUSキーボードですから・・・。
つか・・・なんかね、文字を打って変換していると、変な変換が出てくるんですけど?!
たとえば「プロペラントタンク」と打とうとすると、「プロペラ(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?戸」となったり。
どうやら「ん」と打つと「(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?」になる設定の模様・・・使いにくいじゃないか~~~!!

さて・・・。
二人が選んでいる間、わたしはぶらぶらと。
ところで「GIRLSモデラー軍団」で、近々コンペがある模様。
それがSDになるか1/144になるかは未定ですが、ここで一応、二つとも買っておくことにしましょうか。
ということで、張遼ゲルググ(これって、SDだよね?)とHGアッガイを購入!
しかし、もしコンペのお題が「女性パイロットが乗る機体」に決定すると、また買いなおしになるね・・・ま、いいか。その時はまた買えばいいのさ♪(ゲルググマリーネしか思いつかんけど・・・)

二人が選んでいる最中、質問が出たので、わたしはHGとMGの違いについて説明します。
また、必要な工具の説明もします。
ニッパー、デザインナイフ、ペーパー、接着剤などなど・・・。
その用途や使い分けなど、要点を絞って講釈します。
なんか、今のわたし、先輩な気分?!
ちょっとだけ大人?!
そこはかとなく、指導する立場?!
気分は、(ガルル小隊へ入る前の)タルルに偉そうにするタママな感じ?!
(↑この例えは・・・まずい! いつか追い抜かれるフラグが!!)

みんなで楽しく☆

さて、新居へお邪魔します。
そして、夕食までは、プラモ・・・黙々とプラモ・・・ただひたすらプラモ・・・
わたし、ゲルググから逃げて、アッガイを作り始めてるんですけど・・・?
っていうかさ、陸戦ガンダムは何のために持ってきたの??

そんなこんなで、夕食。
旦那さんのグフ・イグナイテッドがもうすぐ完成の予感・・・。
夕食の後、もう一度「山田うどん電器」へ。
ニッパーとデザインナイフ、ひとつずつしか買わず、二人での共有はちょっと不便だったので、工具を買い足しに。
しかもHGが完成間近の旦那さん、今度はMGに挑戦したい、という意欲を燃やし始めましたし。
そして選んだのが、MGのストライク・フリーダム・ガンダム
わたしは、パテを探しましたが、見つからず。
しかしカッティング・シートを100円ショップで見つけました。これで、安心してプラ板を思う存分カットできるので、バックパックが作れます。

バックパック製作怪調ゥ!!

帰宅後ふたたび黙々と・・・。
旦那さん、グフ・イグナイテッド完成☆
わたし、今日の工程はここまで!
(あとは、家に戻ったら、パテとかで補強する作業をします)
T子ちゃん、セイバーガンダム完成☆(しかも変形するぞ~!)

バックパック、形になってきた

こうして、二人の姿を見ていると・・・。
ゲート処理はまるで出来てなくて、当然継ぎ目消しもなにそれ状態。
色も塗らずに楽しげに作っています。
「あ、そこは・・・」
と口を出したくなるのを抑えて、わたしはただただ見守りました。
最初は「作る楽しみ」を味わうのがいいんです♪
いやあ、わんこも、わたしの処女作であるドムを見ていた時、そんな気分だったのでしょうねえ・・・しみじみ。
今、わんこの気持ちがわかってきたであります。
(いや、まだわんこな境地には程遠いよ、自分・・・)
 ↑と、あらかじめ自分でツッコミを入れておく。わんこに突っ込まれる前に。

完成後、
「ブログに写真、載せていい?」
と訊くと、二人、早速喜びいさんで撮影を始めましたよ。
旦那さん、いつの間にやら一眼レフという高級機材を持ち出して。
にゃんこ、しばし、待つ!
・・・・・・。
さて、これがお二人の完成作品です☆

T子ちゃんセイバーガンダム

T子ちゃん作
セイバーガンダム
草原にて敵機を捕捉後、狙撃体制に


旦那さんグフ・イグナイテッド

旦那さん作
グフ・イグナイテッド
衛星軌道上付近の小基地にて、迎撃体制
(このSEEDのグフって、宇宙仕様?)


PageTop

それはまるで偉ぶる小学生

にゃんこです☆

今日はビジネスパートナーの出版社さんにてミーティングした後、地元へ戻って、携帯の機種変更をしました。
これまで、3年も使い続けて来た機種とも、お別れ……。
愛着を持ってしまうので、なかなか機種変更しないんですよね。
バッテリーさえ大丈夫だったら、まだまだ使い続けたかったのに。
しかし……。
あたらしい機種は、多分性能もいいのでしょうけど、使い勝手が……。
つか、昨日までの機種の方が、手に馴染むというか……。
いや、これも慣れるまでの辛抱でしょか?

ところで、友達のT子ちゃんから連絡が。
今週末、彼女の新居へ遊びにゆく予定ですが、なんと、彼女の彼氏……もとい、旦那が、
にゃんこさんも一緒になって、プラモを作ろう!
という計画を思いついたとのこと。

なな、なんと~~!!
ってなことで、わたしゃT子ちゃん新居へ、プラモを持って行くことに☆
ここは、まだ作っていない『ドロロロボMk-II』にすべきか、あるいは『ギロロ伍長』にすべきか……。
いや待て!
T子ちゃん夫婦は、ガンプラを作るつもりなのであります。
旦那さんがSEEDしか判らないので、T子ちゃんも彼に合わせてSEEDのプラモデルにするそうですが、SEEDも確かにガンプラです。
なので、わたしもガンプラで勝負すべき?

ここは、渋く『アッザム』で攻めるか……。
いや、いくらなんでも渋過ぎるし、古いキットは苦労すると言うし……。
ならば、MG陸戦ガンダム(ただしジオン滷獲仕様に改造)を作るという手も?
……いやいやいや……(にやり)。
ここは、いっそのこと、今制作中の『ゲルググ・プロペラントタンク』だな……(不敵な笑み)。
そう!!
ここでいっちょ、
大人の階段を登りかけているにゃんこ様の技術』ってものを、見せつけてやるのだ。
普通にキットを組む二人の前で、くくっ……くくくくく……スクラッチを実演してやるのだ~~~。わっはっはっはっは~~~~!!
そして、こう言ってやるのだ。
スクラッチなんて、そう難しいもんじゃないよ。ちょっと慣れれば平気さ
……。
…………。
いける!!
この9ヶ月間で鍛えられた腕前を、存分に示してやるのだ!!
そう、例えるなら、小学一年生の姉が、幼稚園児の妹に対してふんぞりかえる、あの感覚!!

……。
…………。
も、もしかして我が輩、ちっちゃいっすか?
なんだか、とてつもなく人間が小さいっすか?!
つか、いざ3人で作り始めてみて、実はわたしが一番下手っぴだったらどうしよ?!
いや……よく考えたら、T子ちゃんの話では、旦那さんは昔けっこう機材を揃えて作ってたというから、せめて2番手には……いや、もしかしてT子ちゃん、ダークホースだったらどうしよう……。
あああ~~~、ますます自分という人間が小さくなってゆく~~~。

PageTop

にゃんこ実家顛末記

にゃんこです☆

さてさて、先週は実家で過ごしたにゃんこ。
当然、その数日間はプラモの『プ』の字もない生活に。
東京へ帰ってからも、プラモをいじっていないので、更新のネタが……。
代わりに、実家での日々を書くので、お許し下さいまし~。

火曜日
母はパートに出ているので、父が迎えに来ていました。
その足で、お寿司屋さんへ。
回転寿司なんかバカにしているわたしですが、さすが魚の美味い土地だけあって、回転寿司すら侮れない味です。
特に『白えび』は土地の名産品なので、これは外せません☆

水曜日は、7時過ぎには起床。
をを! 健康的だ! 東京へ戻ったら、また夜更かし遅起きになってしまったっす!
お昼は、近所の『手打ちうどん あらき』へ行ってきましたよ。
この店はね、もう、このうどんを食べるためだけに実家へ行ってもいいかも、と思えるくらいなんですよ、これがまた。
濃厚な出汁、濃厚な味噌ベースの汁に、コシの強い手打ちうどん、そこへ、にんにくも……!!
やっぱり注文するのは『みそホルモンうどん』です☆
先日、大泉洋がレポーターとして取材に来たとか。……ただし、北海道のチャンネルなので、東京での放送は無いようですが……。
夜はカラオケですが……メンバーは父と妹と妹の娘、ふ~ちゃん。
母はパートなので不在。
妹が歌ったのは、なんと『地球特捜隊 ダイバスター』。
こ、この妹……いつもながら非凡な選曲なり!
(この歌、ふ~ちゃんがすっかり気に入っちゃったようで、後でわたしも歌う羽目になっちゃいましたけどね)

ダイダイダイ、ダイバ~スタ~~~♪

木曜日
やっぱり早起き。
午前中に、母の要請にて、わたしオリジナルのカレーをば作りました☆
お昼は今日もまた『あらき』へ。
食べおさめです。
ここのうどんは、普通のお店の優に二倍はあるんですよね……。それを全てぺろり。
大食いのわんこにも、一度は食べさせてみたい……大盛りを!(他の店の大盛りの2倍量)

夜は友達と久しぶりに。
実家方面での友人は、最早二人だけになってしまいました。
その内の一人と、適当にゲームセンターで『太鼓の達人』をやったり、ボールを投げるゲームをやったり。
一時間ほどで、もう一人の友達と連絡がつきました。
先日の記事でも紹介した、オタク友達のニヌ君です。
携帯で、どこで落ち合うかの相談……ん?
携帯じゃない方からも、彼の声が?
ふと見遣ると、当のニヌ君が携帯で喋りながら歩いているじゃないですか。
しかもわたしに気付いてない!
『俺、どこへ迎えに行けばいい?』
え~と、とりあえず180度回転してみて
『はい?』
いいからこっち向け~~。後を見ろ~~~~!!
まさかお互いに同じ場所にいたとは思いもよらず……つか、すんごい偶然。
その後はニヌ君とファミレスのドリンクバーにて、お喋りを。
なんか、3年前に最後に会った時よりも、精悍な感じになってましたよ、あのオタク青年が。
仕事が忙し過ぎて、『名ばかり管理職』状態で、オタク業が疎かに(?)なっていることを嘆くニヌ君でした。

金曜日
実質、最後の日。
この近辺を見るのも最後だろう、と思い、自転車を借りて、あちこち見て回りましたよ。
夜はわたしが切ったお刺身で、父と二人の食膳。
夜が更けて、母が帰って来たら、今度は三人で黙々とカニを。
魚も綺麗に食べますが、蟹も綺麗さっぱり無駄無く食すのがわたしの自慢☆
どのくらい綺麗に食べるかというと、昔、幼い頃に行った温泉で、わたしが食べた後の焼き魚の骨を見て、仲居さんがびっくりしたくらい。
しかもその仲居さん、ほんの数年前に母がその温泉を訪れた際にも、まだ健在で働いていて、わたしの魚の骨をずっと覚えていて、懐かしそうに母と話したそうで……。
つか、そこまでずっと長年覚えている程の出来事なの?
(覚えてくれてることは嬉しいけどね)

食後は父母わたしの三人で古~い荷物の整理。
先祖代々の(?)骨董品もどきもあって、これが埃っぽくて汚いのなんのって……。
母と二人でお風呂に入って、汗と埃を流しました、とさ☆
この湯船につかるのも、これが最後です。

土曜日
両親は妹の娘・ふ~ちゃんの保育所の運動会へ。
わたしは、時間がないのでやむを得ず自分の荷物の整理。
捨ててよいもの以外を救済するという作業です。
あとの品物は全て、建物取り壊しに巻き込まれる運命……。
……しまった! D&Dのマニュアルも救済しておきたかったかも?!
いや……どうせテーブルトークRPGをプレイすることは、二度とないと思うし、仕方ないか。

午後は、母と妹とふ~ちゃんと4人で昼食を摂り、そして、高速バス乗り場まで送ってもらいます。

考えてみたら、わたしがこの実家で過ごした年月は、築年数の半分程度でしかないのですよね。
そんなわたしに比べると、父、母、妹、弟は、特に父は、この家を手放すのは辛いでしょうね。

さてさて、今回はプラモの話題じゃなくてすみませんでした。
ネタがない……!! ←さっさと続きを作れよ

PageTop

昔考えていました。

昔ねぇ
歳とったらプラモ屋をやって近所の子供達にプラモ教室でもやりたいねぇ
なんて思っていました。
各ブログの皆様のような「ハイテクニック」はないけれど
「プラモって面白いんだよ」って部分を伝えたいなぁ、と。

まぁ、こんな事書いていると
「スケールがおかしい!」
とか
「こんなモールドじゃ駄目だろ!」
的な、プラモ教室になるんだろ?
みたいな「お言葉」の数々を賜るような予感がしますが(笑)

私は、そんな事ないのよ
いや
ある、確かにある(笑)
でもね、今までも
「わんこさんプラモ教えて」とか
来た人にはかならずこのように聞いていました

貴方は
「いやぁ、◯◯さんプラモ上手だねぇ」
と近所の人に褒められるようになりたいですか?

それとも
「いかにも玄人(マニア)な人がニャッと(又は「ほぉ~っ」という)する」
ようになりたいですか?

と、どちらか必ず聞いてきました。

プラモは作る人が楽しければそれでもぉ100%

誰がどうだろうと関係ないんだけど
自分がどのポジションにいたいか?
となると、話は変わってくるんですよね。

私のところにはじめてプラモ作ったの見て
ときた小学生(これは例えね)が作ったプラモは
「褒める」ところしかないんです。
その小学生がはじめてプラモを一生懸命作った
というところでそれは「賞賛される物」なんです。

そして、その小学生が
「もぉ少し上手になりたいんだけど」
と聞いてきたら
「ここは。こやってみな」
とアドバイスすればいいんですよね。

但し、その小学生が数も重ねてきて
自分から更にアドバイスを求めてきたら
上記の質問をします。

「いやぁ、◯◯さんプラモ上手だねぇ」
と近所の人に褒められるようになりたい
と答えたら今まで通りに作品毎のアドバイスを続けますが

「いかにも玄人(マニア)な人がニャッと(又は「ほぉ~っ」という)する」
ようになりたい
と答えた場合

そのときは
「もの凄く大変になるけどいい?」
と聞いて、それでもな場合には
私は「」になります(笑)

もちろん
自分としての技術点を考慮した上でですが(笑)
だって模型ってのは技術の上に成り立つものですから。(笑)

実際、過去何人かそのような感じで私のとこに尋ねてきました
そして自分から「後者」の選択をして
私の今までの豹変振りに驚いていました(笑)

言葉たらずで細かなニュアンスまで書けず
ご批判多々あるかとは思いますが

後者を選択するって
」を選択するなんですよね(笑)

まぁ、そんな「道」も半ばで落語したような私が書く事じゃないのかもですが
」なんだよなぁ(笑)


因に私は
にゃんこさんがプラモはじめて少したったとき
貴方は
「いやぁ、◯◯さんプラモ上手だねぇ」
と近所の人に褒められるようになりたいですか?

それとも
「いかにも玄人(マニア)な人がニャッと(又は「ほぉ~っ」という)する」
ようになりたいですか?
と聞いたんですよね(笑)

さて、にゃんこさんは なんと答えたでしょうか(笑)


追伸
こんな事書いてなんですが
私は初心者受けが非常によいタイプなんですよぉ(笑)



PageTop

小学生にゃんこの特技?

にゃんこです☆

今日はプラモと関係の無いお話で恐縮です・・・。
午前中、実家にあるわたしの荷物を少し整理してました。
・・・と、そこへ現れたのが、小学校時代の卒業文集
どれどれ・・・と埃を払って、広げてみます。
わたしの特技
というコーナーに、クラスのみんなが自分の特技を書き込んでいました。
わたしの特技は、何だったんだろ・・・・。

「ざとういちのまね」

・・・は?
これは何かの幻に違いありません。 よ~く目をこすって、見直してみましょう。

「ざとういちのまね」

・・・ええと、さっぱり記憶にないんですけど?
当時のわたしは、一体何をしていたのでしょ?
それがどんな芸だったのか、謎で謎でたまりません。
しかも「座頭市」ではなく、ひらがなで「ざとういち」なところが、頭悪そうです。
筆跡も、お世辞にも頭がよさげには見えない気がします。
しかし、小学生のくせになかなか渋いもんだ、と他人事のように感心してしまいましたよ、過去の自分に。

いやあ・・・封印されたままの方がよい思い出もあるってことですな、わっはっは・・・・・!!

PageTop

ZEON 秋冬コレクション2008 ゲルググ

にゃんこです☆

2008秋冬コレクション・ゲルググ サムネイル

このシリーズ、ザクが出て来たなら、もしかしてゲルググも……?
と思った皆様、ご名答~♪
(いや気にもしなかった、という人が大半の予感……)

まだ未完成なゲルググですが、ファッション誌な感覚で、またまた作ってみました。
(つか、ザクの撮影と同時進行だったんだけどね……)
これで、プロペラントタンクが完成していれば、もっと充実した内容になったのに……。
ちなみに、わんこはこのブログ記事の下書きを見た瞬間、大笑いして、
く、くっだらね~~~~~(爆笑)

右のサムネイルは、一部のみ表示にしてあります。
全部をばか正直にサムネイル化すると、縦に長~~~くなっちゃうもんで……。
わたしの一番のお気に入りは、一番下にレイアウトした写真ですかね。

別ウィンドウで表示された際、画像は縮小状態で表示されるかも知れません。
その場合は、マウスカーソルを画像の上へ持ってゆくと、カーソルの形が虫眼鏡になるので、そこでクリックすると、本来の大きさで表示されます。

それにしても、こういうのをお遊びで作って、ガンプラにモデル気取りさせていると、なんとなく『ファッション通信』を思い出します。(そんなにいいもんか?)
昔は、毎回ビデオ録画して、見てたりしてたもんですが……あのビデオテープ、どこやったっけ?
調べてみたら、まだ放送が続いているそうで、ちょっと嬉しくなりました。

プラモを作るのも楽しいですが、Adobe Illustratorで、こういうものを作っているのもまた楽しいもんですね☆
つか、仕事でも同じようなことをして、趣味でも同じようなことをすんのか、おいら……。
(- -;)
でも、同じような作業内容でも、仕事でやるのと、遊びでやるのとでは、やっぱり違いますよね♪ 多分……。

PageTop

ZEON 秋冬コレクション2008 ザク

にゃんこです☆

2008秋冬コレクション・ザク サムネイル

わたしが実家へ行っている間、プラモが作れません
それどころか、ネット環境が確保できるかどうかさえ怪しいものです。
何しろ、両親ともネットとはまるで無縁ですから……。
わんこの方で、アップしまくり~ってことが出来ればよいのですが、彼もまた多忙にて、無理。
とすると、わたしがあらかじめ記事を作っておいて、それを予約投稿にしておくしか手は無い……。

ってなことで、事前予約投稿~☆

なんかね、作った作品を見ている内に、
これをモデルっぽく写せないか?
と思いついちゃったりしたもので。
どうせなら、ファッション誌っぽくやってみたら面白いかな~、と。
つか、そんなもの作っている暇があるなら、少しでもプラモの実作を進めて、それを記事にしておく方がよいのでは? という疑問が……いや、無視無視!!

しかしいざ作ってみたら、やたらと重い画像に……。
ただでさえ、このブログはちょっと重たげなのに。
ということで、右のサムネイルをクリックしたら、別ウィンドウで、本体画像が表示されるようにしておきました。
いつもの『Lightbox』は使わないことに。
なお、本体画像は、180kbくらいあります。
別ウィンドウで表示された際、画像は縮小状態で表示されるかも知れません。
その場合は、マウスカーソルを画像の上へ持ってゆくと、カーソルの形が虫眼鏡になるので、そこでクリックすると、本来の大きさで表示されます。

PageTop

おお、弟の部屋にガンプラが!

にゃんこです☆

MGガンダム01

実家にて・・・。
わたしの荷物を整理中。
ところで、昔の、弟の部屋へ忍び込んでみたら、こんなものが。

弟MGガンダム箱

なんか、このガンプラ、MGなんっすけど・・・?
っていうことは、弟が結婚して家を出るまでは、この部屋でガンプラを作っていた、ということでしょうね。
う~ん、なんだか、ちょっとだけ弟に親近感をいだいた瞬間でした。
そっか・・・小さい頃だけじゃなく、結構ごく最近までプラモを作ってたのね~。
しかし・・・。
ふっふっふ・・・。
継ぎ目を消してない!
それどころか、ゲート処理すらしていない!!
・・・・・・・勝った!!!
技術的に、すでにわたしは弟を追い抜いていたぞ~~~!!!!
わっはっは♪
今更ながらに、優秀な師匠を持っていることに、感謝の念をいだきましたよ。
もしわんこに色々教えてもらわなきゃ、そしてわんこが製作環境を整えてくれなかったら、継ぎ目消しなにそれ? な状態でしたでしょうからね、わたしも。
っていうか、わんこがいなかったら、そもそもプラモを作ってさえいないし・・・。

それにしても、今は使ってないとはいえ、勝手に昔の弟の部屋へ侵入し、あまつさえ、プラモをブログに載せるとは・・・
我ながら、嫌な姉だぜ、く~~~っくっくっく。(今日はカレーな気分になってきたぞ~。つか、母の要請で、この後にゃんこ・オリジナルカレーを作るんだけどね)

MGガンダム02

さらに、押入れの中には昔っぽいガンプラが!

弟昔のガンプラ

今回の写真。
デジカメのデータを実家のWin98では読み込めない環境にあるので、携帯で撮影し、自分のアドレスへ送って、WEBメーラーで受信、ダウンロードしてから、ブログへアップという、なんとも回りくどいやり方に・・・。
しかも、画像補正できるソフトが入っていないので、今回の画像はちと暗いです・・・。

PageTop

実家にゃんこ

にゃんこです☆

実家にいます。
今日のお昼に高速バスに乗って、7時半すぎに到着。
母はパートに出ているので、父がトラックで迎えに来てました。

こうして久しぶりに来ると、
実家へ帰る
という表現に、いまいち違和感が・・・。
むしろ、田舎な場所へバカンス、という感覚です。
帰る場所は、やっぱり東京。

実家の土地は、ゆったりした空気が流れていますが、ずっと居て落ち着く、という感じじゃないですね・・・やっぱり。
たま~に、遊びにゆく場所候補のひとつ、という感覚です。

それはそうと、実家に父と二人きり・・・。
お、落ち着かん!!
わたしゃ一体、何をすれば?
ってなことで、パソコンを借りてみました。
なんと、Win98!!
しかもUSBも無ければ、FireWire(Winで言うところのIEEEのこと)もありません。
ってことは、写真をとってもつなげられないし、ましてや外付けハードディスクも無理。
もし必要なら、妹にあげた、元わたしのMacのノートを借りるしかありませんね・・・。

ではでは、とりあえず生存報告、ということで☆
明日と明後日は、事前に予約投稿しておいた記事です。
(予定では、わんこが今夜の記事をアップしてくれるはずたった・・・というのは内緒の方向で)

PageTop

しこしこ作ってます、バックパック

にゃんこです☆

バックパック部品・切り出し

さて、我が愛機、ゲルググのプラモ。
地道~~~に作ってます、バックパック。
どうにか苦労して、いくつかの部品を切り出しました。
有効な道具が、デザインナイフくらいしかないし、おまけにカッター用の下敷きなんて持っていないので、テーブルを傷つけないよう、慎重に作業しなきゃいけませんでした。
(↑買えよ)

写真撮影は、日が暮れてしまった後になると、光源的にも手ぶれ防止的にも不利になるので、さっさと放り出して、そちらの方へ専念。
撮影したものを、早速パソコンで加工して、ブログ記事用にアップしました。
……なんかね、全部で4時間くらいたっぷりかかってしまったような?

PageTop

ゲルググ大会・バックパック設計【にゃんこ編11】

にゃんこです☆

今日、予約した高速バスをローソンで発券しに行った折、なにやら祭りな格好の人たちで溢れていました。
をを、御神輿!!
なんか、高校生くらいの女の子も、法被姿できりりと勇ましく神輿を担いでいますよ。
わたしは、地元の人じゃないので、どうしてもこういう行事とは離れたポジションになってしまうのが、ちと寂しい……。
いいなー、わたしも御神輿かつぎたいなー。
わっしょいわっしょい、ってなもんでぃ!!

ところで、この制作シリーズのバックナンバーは、以下の通りです。

さて、ゲルググのプロペラントタンク&バックパック
最初は、プラ板に直接鉛筆で下書きし、それを切り抜こうと思っていました。
……が、途中で断念。
精密な設計図が必要です、どうやら。

バックパック制作 一時断念

てなことで、Adobe Illustrator起動
そして、ちまちまと見本となるゲルググマリーネのバックパックに定規を当てながら、その大きさを1.5倍にし、線を引いてゆきます。
1/144を元に、1/100にする訳ですから、大雑把に1.5倍でいいっしょ? てな具合で。
やり方としては、まずファイル上に□を描き、その上で、アンカーポイントを足して、変形させてゆきます。
環境設定で、単位を『ミリメートル』、キー入力を『0.1mm』にあらかじめ設定してしておきました。
こうすると、カーソルキーを一回押すと0.1mmだけ動くので、0.1mm単位での精密な作図ができる、という寸法です。
シフトキーを押しながらカーソルキーを押せば、10倍動くので、1mm動かせます。
……ってなことで、地道~~~な作業をすること、1時間半くらい……。
ふい~~~。

バックパック設計図

とりあえず、基本となる部分を設計しました。
残りの部品は、作りながら調整すればOK。
あまりに精密すぎると、きっと抜けているわたしのこと、どこかで計算ミスが起るに違いありません。

さて……。
これを印刷。
それから、はさみやカッターで切り抜き、ノリでプラ板に貼付け、それをさらにカッターで慎重に切り抜くことに。
どうなることやら……。

PageTop

ゲルググ大会・わんこの中間評価【にゃんこ編 番外】

にゃんこです☆

今週の始め、わんこが我が家へ久々に訪れ、本体だけは出来たゲルググをじろじろ見られる羽目に。
おーこわ、おーこわ。
内心びくびくしつつ、
えっへん、どんなもんだい
な態度を崩さない、冷静なわたし。
ふう~んな眼で、ゲルググさんを手に取るわんこ。
……。
………………。
…………………………。

へえ~、面白いねぇ
……そんだけ?
真ん中が暗くて、はじっこが明るいのが面白いね
……そんだけ?
最初は、下地にブラックグレーを塗ったら暗くなるから、やめた方がいいと思ったけど、これはこれでいいかもね。後はこのやり方をつきつめて行けばいいんじゃない?
…………はあ。
こういう塗り方をするのって、他には無いから、面白いと思うよ、うん
完成度としては、どう?
クォリティは高いんじゃない? エアブラシ塗装の5作目にしては、いいんじゃない?
……一応、褒めてくれた……のかな?
1/144のゲルググマリーネと比べたら……
く、比べたら?
でかいねえ~
……は?
1/144のザクとゲルググ、1/100のザクとゲルググを対比してみたら、このゲルググがいかにボリュームアップしてるかが判るね
はあ、たしかに、1/144では頭一個分の差だったのが、1/100では頭1個半か2個くらいの差がありますね……。
ジオンの技術力じゃあ、ガンダムに対抗するには、このくらいの大きさじゃないと実現できなかったんだろうねえ

もはや、作品の批評からすっかり離れてしまってます、話題が……。

ゲルググとザクの対比

とりあえず、結論。
初心者にしては、よく出来てるね
ほ、褒められたと解釈することにします!!

PageTop

久々に、ねこ小屋(プロペラント制作協力作戦1)

わんこです。

いやぁ、お袋が入院したりメインで使用しているパソコンが壊れたりと最近色々ありましたが
仕事の上京ついでににゃんこの住むねこ小屋に来ております。

私もブログの更新こそ出来ておりませんでしたが
ちらちらとブログは眺めておりました
MGゲルググを
ゲルググマリーネみたいにしたい」 とか
プロペラントタンクを付けたい
とかなにやら不穏な文字
が躍っております。(笑)

いや、別にそれはそれで悪い事では全然ないんですけどね」(笑)

で、ねこ小屋に着いた早々にゃんこ御本人に伺ってみたところ
別売りのプロペラントタンクを買ってみたけど小さいサイズのものしかなかった
(在庫が無かったらしい)
自分で作ってみようと思う
(早速はるかさんのブログの影響うけたなぁ、とは口が裂けてもいえませんでした 笑 )
でも予算は無いよ」 等々のお言葉が

この時点で
どーやったらいいのかな?
という
にゃんこさん御本人から私に対してのの要請はまったく無かったのですが
そりゃ色々と手出ししたくなるのは人情ってもんですよね?(笑)
(ねっ、るみなすさんのお師匠様)
とりあえず今回は、にゃんこさん御本人も
どーしたらいいかなぁ
的なニュアンスでしたので早速介入(笑)

まず
ゲルググマリーネみたいにしたい
に関しましては
すでに殆ど本体が完成している事と
ゲルググとマリーネの形状の違いって解る?
という私の質問への返事が
へっ? なにか違うの?
というにゃんこさん御本人の回答もあり今回はパス!(笑)

どんな感じに取り付けるのか訊いて見ると
マリーネのバックパック(ランドセル)を参考に大体の形をプラ版で
その為にすでに部品請求でノズルも調達してあるし
プラ版も買ってあるとの事。

バックパック自体への取り付けは
プラ棒とポリキャップを使って
と、プランは基本的に固まっているようですので
問題は
「プロペラントタンク」
そのもののみ。

鉄道模型用の直径の大きめな(MGゲルググのサイズを考えると1.5㎜位かな?)
プラのパイプがあれば話は早いのですが
私の滞在時間と、ねこ小屋の近所での材料入手状況を考えると無理(汗)

予算もかけられないという事なので最初に考えたのが
?マークでお馴染みの油性マジック
材料候補1
これならねこ小屋の近所でも絶対に手に入る(笑)
本体は金属で中空、重量もちょうどよさげで中にプラ棒も仕込みやすい
尻の部分をポリパテかなにかで丸く整形して、ペン先が出る部分は丁度段差と絞込みもあるから本体への接続部分に丁度よさげ。

これで材料的には入手も加工も問題なさそうなアイデアを確保したので
いざ、ねこ小屋近所の東急ハンズへ!

えっ、東急ハンズならプラ棒くらいあるだろ?
なぜマジックで?

と、普通の東急ハンズのイメージをお持ちの方でしたら疑問に思われるかもしれませんが ここは普通の東急ハンズじゃないんです(笑)
私のような田舎野良犬にとって「東急ハンズ」ってのは
「素材や道具が何でもそろう夢の店」
のはずなんですが‥
うちの近所(餃子で有名な)の北関東の田舎ホームセンターの方が
「よっぽど店員の知識も材料もあるんじゃねぇの?」
というくらいの「只者ではない東急ハンズ」なんです(笑)
なにせ
「アクリル塗料なんかに使うはどちらのコーナーにありますか」
と以前聞いたとき(しかも商品説明なんたらとか書いてあるカウンターで)
ペンキを塗るときに使う「刷毛」のところに案内してくれるくらいですから(笑)

でも、腐っても「鯛」は「鯛」
ねこ小屋の近所では唯一素材が沢山そろってる店
期待しなけれりゃ油性マジック以外の素材もあるはずです。

てな事で、にゃんこと東急ハンズへ
まず、お目当ての油性マジック
あったあったありました。
いや、これがなかったらすげぇ大問題なんですが。

よし次はなにかパイプを探します
店員に聞くと時間がかかる上に腹も立ってくるので自力で探します。(笑)
あったあった金属パイプ。
でもこれじゃ重すぎてしますよなぁ。
おっ、アクリルパイプもあるねぇ。
これだとサイズも組み合わせられるから便利かも
一応これは買っておきましょう。

次回へ続きます。

PageTop

ゲルググ大会・プロペラントタンク考察【にゃんこ編10】

にゃんこです☆

昨日、わんこが東京へ仕事の関連で来ました。
我が家へ来るのは、二ヶ月以上ぶり☆

さて、このゲルググ制作シリーズは、以下の通りです。

さて、わんこと落ち合って、その帰り。
地元の○|○|へ寄りました。
駄目元で、プロペラントタンクの材料を見るために。
○|○|には、東急ハンズが入っていますが、数あるハンズの中でも、特に『腐ったハンズ』と呼んでさしあげたくなる程の品揃えのお店です。
何しろ、ハンコの材料になる石の印材すら置いてなかったほどですから。(面積の都合でしょうが)
店員に訊いたら商品知識の無さで不愉快になるから、自分で探してみような
丸井素材売り場01 ということで、店内を歩く事数分。
あった~~、あったじゃん
以前、店員に訊いてみても、無さそうな口ぶりだったのに、ちゃんとあるじゃないですか。(ちゃんと、店員を教育しておこようよ……)
しかも、ディオラマに使えそうな材料も、ずらり陳列されています。


丸井素材売り場02

そして、プロペラントタンクの材料に使えそうな、アクリルのパイプも。
わんこ、一通り見て回り、このアクリルパイプか、あるいはスチロール樹脂の棒のどちらかが適切、と判断し、貧窮問答歌な生活のわたしの代わりに、買ってくれました♪

さて……。
帰宅後、わんこはスチロール樹脂にペーパーをかけて、先端を丸くする作業を。
重量のことを考慮したら、アクリルパイプよりも、こちらの方がよさそう、とのこと。
持つべきは、優しい師匠です☆
わたしには素材の知識がないので、ハンズへ行った所で、何を買ってどう加工するのかのイメージも湧かないところですが、わんこはもう、さすが知識を持っています。
接着剤が着くかどうかの知識すら、わたしにはありませんでした……。
素材によって、使える接着剤が変わるなんて。

プロペラントタンク素材

プロペラントタンク見本

わんこが作ったタンクの元を参考に、わたしが今度は自力で作ることに。
目指すは、ゲルググ・マリーネが背負っているのに近い形です。
完璧じゃなくてもいいので、それに近ければそれで満足です。
さて……どうなることやら。

ちなみにわんこ、今日帰る予定でしたが、もう一泊して行く事になりました☆


PageTop

にゃんこ【うなぎ屋】その1:縁台

にゃんこです☆

最近、プラモの作成が滞って、ネタが……。
ってなことで、うなぎ屋の作成レポートでも。

最初は、のほほ~んと作るつもりで買った、風物詩シリーズ・うなぎ屋。
しかし……。
我が師匠、わんこのうるさいありがたい助言により、色々と趣向を凝らさなきゃいけない羽目に……。
リアルな屋根瓦はどうなのか、実物を観察しろ!
このキットは、作りが甘い。どうやったらリアルに近づけるのか、よく考えろ!
キットの箱の見本写真は当てにするな。全然駄目だ!
地面は、付属の粉では不充分だ。安っぽくなる!
などなど……。
(- -;)

そんな訳で、とりあえずわたしなりにも工夫を。
まずは、店内にある、腰掛けるための縁台。
これは、キットのままだと、付属の紙シールを貼るだけに。
しかしそれでは安っぽい。
ってなことで、いろいろと考えてみた。
そうだ、畳っぽくしてみよう

最初は、縁台のパーツの上に、パテを塗ってみた。
そして乾いてしまう前に、カッターで溝を。
……どんどんと乾いてしまって、ちっとも駄目駄目でした。
仕方が無いので、パテをはぎ取ります。
ショック!
パテを乗せたお蔭で、パーツの表面が溶けてぼこぼこに!!

そしてにゃんこは考えた。
そうだ、スプレー糊で、ティッシュを重ねて、そこに溝をつけてみよう!
そうして出来たのが、これです。

うなぎ屋縁台

この後、色を塗る事に。
本当にこれで、畳っぽくなるのかどうかは、謎です。
あるいは、色を変えて、ゴザを敷いたということにしてもよいかも?

PageTop

塗装の仕方が初期と後期で違ってて混在……

にゃんこです☆

来月、とある用事で海外へ。
行くのはいいとしても、滞在する間の費用、どうやって捻出しよ……生活費だけでも、ひぃ~~~~~~な状況なのに……。
何はともあれ、パスポートが行方不明と判明してから2ヶ月。
その内、探せばいいや
と、のほほ~んと構えてましたが、一緒に行く仲間のリーダー格の人から、書類に書込む情報の催促メールが……。
明日締め切り?
やばいっす!!
探すっす!!
この散らかり尽くしたパソコン机の上か?!
……無い。でもおかげで仕事の資料とかが片付きました。
この書類が無造作につっこまれた箱の中か?!
……無い。でもおかげで、書類がそこはかとなく整理されました。
やっぱり、何度も探したこのトランクの中にあるのか?!
……無い。中には正月に着た着物セットがあるだけ。
……もしかしてメイク用品がガチャガチャ突っ込まれた箱の中か?!
……無い。この箱は、あまりに混沌としているので、整理は放棄しました。
しかしそのメイク用品箱の後に、去年同じ用事で海外へ行った際の品が入った袋が。
いや~、懐かしいねえ、と中身を開けてみる。
ん?
この濃紺の四角い物体は?
……。
…………あった~、パスポートォ~~~~!!

ゲルググ、塗装の初期と後期の違い

おっと、プラモの話題が!
こうやって、塗装が一通り済んだゲルググを見ていて、ふと思うのが、
塗装の仕方が、初期の頃と後期の頃とで違って、変な混在になってる……
写真を見てくださいな。
足は、前回のザクII-J型と同じ塗装方法なんですね。
でも、一番最後にやった、つまり昨日やった脚の部分は、方針転換した後のもの。
なんか、雰囲気が違います。

初期の頃は、にゃんこパープル1の明と暗の差があまり出ていません。 後期の頃は、明と暗のグラデーションをかなり大きくし、メリハリを付けるようにしてあります。
塗装、足だけでもやりなおそうかなあ……。
…………ま、いいか~~~、あっはっは~~~。
こういう、大雑把な人間は、プラモに向かなそうですが、いやいや、楽しければよろしいのでごじゃります♪

PageTop

考案・新しいパール塗装方法

にゃんこです☆

部品、あと一個にクリアを塗装すれば、完了……むふふ。
という時に、わんこから電話が。
おう、エルメス、要る?
はい?
ガンダムのエルメスじゃないぞ
ええ~と、あの~?
これは……花柄のスカーフってのか? 要る?
まあ、物によりけり
ブランドものとはいえ、好みじゃなければ、持っていても仕方が無いですしね。
後な、プラダのバッグもあるぞ。欲しいか?
それは欲しい~♪
プラダは、好みです。
あの、黒いシンプルさが潔くて、好きなんですよね☆
箱はないけど、本物だぞ。喜べ
わんこは職業柄、たま~にこういう掘り出し物(?)を入手することがあるんですよね。
以前から、呪文のように『プラダのバッグぅ~~~』と唱えていた甲斐がありました。
もっとも、買ってくれるんじゃなく、仕事上で回って来たのをくれる、というあたりが何ともわんこらしい……。

いや~、それにしても、最初に『エルメス』と聞いて、ブランド品なのかガンダムなのかと迷ったってことは、まだまだガンオタ度は浅いですね☆ (真っ先にブランドオンリーの連想じゃない時点で、やばい気も?)

さて!
ゲルググ、基本制作はこれにて終了~!
次は、背中に背負わせる予定のプロペラントタンクです。

それはさておき。
塗装している時、ふと考えました。
もっと透明感のあるキラめきを工夫できるんじゃないかなぁ?

現在は、
list2 色塗装→パール塗装→クリア塗装
という順序を踏んでいます。
が、もっとパールの煌めきに透明感を与えるのなら、
list2色塗装→パール&クリア混合塗装
ではどうかな、と。

いや、あるいは、
list2色塗装→パール塗装→クリア塗装→パール塗装→クリア塗装→パール塗装→クリア塗装
と繰り返し、層を作ることによって、パールがもっと立体的になるのでは、と。

パール塗装方法案

すでに、ゲルググ本体は全部塗装済みなので、これを試す気には最早なれませんけど、次の作品で、ちょっと試してみようかな、と考えました。
……なんか、とっても手間がかかる気が

PageTop

キャッチフレーズ

にゃんこです☆

……プラモ、作ってないっす……。
ネタが、無いっす……。
いや、一応、もうすぐゲルググの塗装は全部終わりなんですけどね。

何はともあれ、今日は、友達のはるるんとカラオケへ。
9曲中3曲がケロロ……。
『ケロロって、なんか楽しそうだね』
と言ってくれたので、もしや、洗脳計画進行中?
むふふ……。

ブログのネタが無いなぁ、と思っていたところへ、よいネタが☆
るみなすさんのブログで紹介されてた、
あなたのキャッチフレーズ
です。(をを、人のふんどしで相撲をとるとはこのことか!)

るみなすさんの結果は、彼女のブログにて。→るみなすさん

さて、わたしはと云えば……。

●キャッチフレーズ:あなたを染める天然色
●あなたのタイプは『天然タイプ
温厚で、のんびり屋さんのあなた。基本聞き上手だけど、たまに右から左へ受け流していたりして。でもそのキュートな笑顔とピカイチのご愛きょうはなぜか憎めない。実はみんな羨ましがってますよ。

……納得いかーーーん!!
これは、何かの間違いと断定します。
ってなことで、やりなおし。
さっきは、どっちにしようか迷った選択肢で、別の方を選んでみます。

●キャッチフレーズ:引き出し開けて
●あなたのタイプは『マニアタイプ
誰にもこびない自分スタイルを持ってるって魅力的! どんなキャラクターでも調べ尽くしてなりきっちゃうそのキャパの広さは、どんな相手もどんとこい! 飽きさせないし、尽くします……ご主人様。

……ま、さっきのよりはマシですかね。
それでもなお、納得いきかねるものを感じますが……。
(- -;)
なんか、変人っぽくない?

ということで、こんなものを当てにはせず、自分で書いてみました。
●キャッチフレーズ:クールな微笑
●あなたのタイプは『クールな大人
あなたはとてもクールで大人の落ち着きを持った女性です。どんな出来事にも慌てる事なく冷静に対処し、隙がまったくありません。天然とは対極にあるタイプと云えましょう。マニアでもありません。なにしろクールですから。

ふっふっふっふっふ(会心の微笑み)
これこそ、わたしなのだ~!
天然でもない。
マニアでもない。
ましてや『く~る』でもない!

さてさて、明日、ゲルググの塗装が完了☆(の予定)
な、長い道程でした……。

PageTop

にゃんこ、キャラホビ2008へ行く! であります 後編

にゃんこです☆

キャラホビ・レポート後半です。
ケロロブースには、販売コーナーも。
ご当地根付けの東京も浅草も売り切れていて、入手できず。
さて、ここでヘホホ運送さんが、300円のくじに挑戦しました。
なんと! 2等!!
なんか、有線で空を飛ぶケロロが当りましたよ。
次に、るみなすさんも挑戦。
なんと! 2等!!
も、もしかして、当りやすい?
わたしも、当っちゃったりする?
……しかしこのくじ運の悪さは自覚しています。
外れなしのくじとはいうものの、多分最下位の5等になるにきまっているであります。
しかし!!
わたしは、敢えて挑戦する。(きりっ。漢(おとこ)な闘気が出るにゃんこ!)
これまで生きて来たこのくじ運なき人生。しかしそれも今日で終止符が打たれることになるのか。お家に帰ったらケロログッズで遊べるかなふふふ。3等でもまあいいかな。4等だとちょっと残念だけど。いきなり1等かもしれないしな、ふふふ。
5等
……あれ?
…………あれれ?
は、ははは……。
くじ運の悪さ、証明しちゃいました~☆
泣いてなんかいないよ。にゃんこに、涙は不要さっ。
その後の、ヘホホ運送さんのお友達は、3等でした。

……さあ、次いってみようッ!!

各ブースに展示されている作品は、どれも気合いが入ったものばかりです。
それはもう、こんな大きなイベントに出品するだけのことはありますよね。

キャラホビ05
超美麗!!

キャラホビ06
JOJOファンにはたまらん☆
『てめーは俺を怒らせた』

キャラホビ07
なんかね、3段重ねで、可愛いの♪

キャラホビ08
でかい! かっこいい♪
どうやって作るのやら!!

キャラホビ09
クマッガイ。
なんかね、アッガイがね、クマなのだ~☆

と、こんな感じであちこち回って、16時過ぎまで。
その間、MAX渡辺さんという有名な方を目撃。(ヘホホ運送さんに、あの人だよ、と教えられたけど、どの人か判らなかった……)
知らない内に、川口名人が私たちの背後にいたり。(顔を知らないので、やはりヘホホ運送さんに教えてもらいました)

こうして、日は暮れて行きました。
足が、じんじん痛みます……。
ヒール付きサンダル以外の靴も、揃えるようにしておこう……。
(と、ニッセンのカタログを物色)

さてさて、混雑する電車にて、東京駅まで。
るみなすさん、ヘホホ運送さんのご両人を見送って、家路に着きました、とさ♪

それにしても……わたしが誰かを東京駅で見送る時ってのは、なんだかいつも慌ただしいのは何故でしょう?
見送られた側は、必ずホームまで必死に走る羽目になります。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。