スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ウェブプラモ?

わんこです。
いやぁ、皆様お久しぶりでございます。
この1週間
AM9時~PM7時まで缶詰になって
講習会などというものに参加しておりましたが
終了証書を頂き昨日無事終了
久々にゆっくりと朝寝をしました。

こんなに長時間、所謂「勉強」なんて事をするのは
20数年振り
「学生の時だってこんなにコマ埋めてた事ないぞぉ」

えっ?
そんな近況はいいからプラモはどうした?

あははははは(汗)
実はすこぉ~し進みましたよ
ほんの少しですが毎日1時間位やってました。

なんとか年内には形になるかなぁ~
と思いつつ年末に向けての仕事も山積み(汗)
毎日1時間でもいいからコツコツと
の1時間が難しいんだよね~

と、いう貴方!←オマエだろ!!
こんなの如何ですか?
パーツをダウンロードして作るプラモデル
ウェブプラモ
http://www.honda.co.jp/WebPlamo/
自動車会社のHONDAのHPにありあす。

面白そうでしょ?
3DCG用ソフトを用意しないと出来ないようですが
これはこれでモデリングですよね。

時間がないので私は試していませんが
興味のある方は是非お試しを。

スポンサーサイト

PageTop

ふぬけてます

にゃんこ~~~☆

……ゲルググさんが完成して以来、ふぬけてます。
プラモの『ぷ』の字もない生活です。
いえ、仕事はしてますけどね。
ビジネスパートナーの出版社さんからの仕事の他に、友達が、わたしの窮状を見かねて、仕事を回してくれたりもしました。
しかも、後から聞いたらこれが彼女の自腹で!
なんか、涙が出るほどありがたいっす……。

さて、仕事を一つ終えて、クライアントの確認待ちの間に、何をしているかと言えば、ゲーム三昧……。
しかも懐かしゲームとかを。
今はファイナルファンタジーVIをしています。
これ、登場人物が多くて、しかも一人一人に名前を付けられるんですよね。
とりあえず主人公(ティナ)は女性なので、自分の名前をつけました。
その後に出て来た男の人が、主人公を助けてくれたりしたので、わんこの名前をつけてみました。
……これが後に失敗につながるとは……!!

わんこの名前をつけた冒険家の人(ロック)、後から出て来た女性キャラ(セリス)と恋仲っぽくなってしまいました~~~わっはっは~~~~~☆
にゃんこ、置いてけぼりな感じです。
しかも、物語も後半に入って、ひとりぼっちになったセリスが、わんこの名前をつけたキャラ(ロック)が生きていることを信じて、探しに行こうという展開に……。
セリスを操作していて、なんとも……複雑な気分です。

ファイナルファンタジー6
写真は、恋敵(?)のセリスが、わんこの名前をつけたキャラを探しにいかだで船出するとこです。
しかも操作しているのは、わたしです!!(当たり前だ)



っていうか、このゲーム、昔やったよね?
やったけどさっぱり覚えてなかったにゃんこでござんした、てへっ☆

プラモ?
ん……。
何か作ろうかな……。
12月からは、GIRL'Sモデラー軍団のコンペ『女性パイロットが乗ってたモビルスーツ』が始まりますし。
明日、ようやく報酬が振り込まれるし、これでどうにか必要物資は購入できるでしょうし☆
でも、他にも、のほほ~んと気楽に作るプラモも欲しいなあ……。
ドロロロボはそれなりにちゃんと作りたいし……。
あ、そうだ、夏に貰ったエコプラの『ガンダム』があるじゃないですか。
これで、気楽に、ちょっと実験的なのを作ってみようかな……ふっふっふ。
とりあえずファイナルファンタジー6が終わったら作ってみよう。

PageTop

芸術的プラモは実現可能か?

にゃんこです☆

前回の記事から、かな~り時間があいてしまいましたとほほ。
この一週間、何をやっていたかというと、仕事を必死にやっておりました。
まあ、昨日の夜は久しぶりに、はるるんと会って、いつものバカ漫才な会話をしてましたけどね。(何故か、わたしの友達には、こういうバカ漫才な会話になってしまうのが多い気が……不思議です。っていうか、脱力系漫才?)
今日は、長野から友達二人組が来ました。
待ち合わせ場所は、お互い共通の友達の家。
二年近く前に亡くなったその友達の霊前に手を合わせ、後はご家族の方と談笑、という、長野の二人組が来た時のお決まりパターン。
とても親しかった友達、というより姉のような存在だった彼女の唐突な死は、それまで漠然と感じていた自分なりの死生観を、決定的なものにした大きな出来事でしたね……。
死は、悲しむべきものじゃない。それは必ずやってくるものだから。懸命に生きて、その末に死を迎えたなら、悲しむより、その旅立ちを祝おうじゃないか。大丈夫、存在するレイヤーが違うだけで、死んだ者は今でもそこに存在しているのだから。ちと寂しいし、涙も出てくるけどね
うん……彼女の死は、懸命に生きた末に訪れた『卒業』ですから。
もしわたしが死んだ時は、経文も、やたらお金がかかる戒名も要らないから、ぱーっと賑やかに宴会でもして、もしちょっとでも遺産があったら、ついでに花火でも打ち上げてくれると嬉しいかも。
ぶっちゃ毛、墓もどうでもいいし。
……なんてことを言うと、両親に怒られそうですけどね。わたしとしては大真面目に言っているつもりですが。

ヴィクトル・ハンマースホイ展

さて、長野から来た友達の、今回の目的は、上野でやっているフェルメール展を見に……と思ったら、同じ上野でもヴィルヘルム・ハンマースホイ展の方でした。
う~ん、誰だっけ??
と思って、ついて行きましたが、絵を見て、あ~、なるほど、判った☆ と理解。
なにしろ、人の名前をさっぱり覚えられない人間でござんすから……。
ハンマースホイの絵は、改めて鑑賞してみると、不思議な『空間的透明感』がそこに存在しているように感じられます。
そこに、空気がいっぱい詰まっている、そんな感じ。
印刷物のような、レプリカ等ではなく、本物を見なければ決して伝わってこないものが、名画には存在します。
こういう空間感覚や透明感、存在感を、プラモでどうにか活かせないものかなあ……と思いながら眺めるような人間となってしまいましたよ。
例えば、今は殆どエアブラシで塗装していますが、これを、筆塗りに立ち返り、しかも希釈せず濃度が高いまま、まるで油彩をするかのように筆を重ねてみると、面白い効果が得られやしないかな、とか。
そう、プラモ本体を、立体キャンパスのように捉えて、絵を描くように塗装するのです。
……単に、下手くそな初心者の失敗例って感じになるだけの危険性が……。

わたしはむしろ、キュビズムが好きだったりします。
が、さすがにこれは、プラモに応用など不可能でしょうね……。
世界初、キュビズム的プラモ!!
といって、ザクを思いっきり抽象的にデフォルメしたものを発表!
モノアイは頭のてっぺんに、動力パイプが胴体をぐるぐる巻きにうねって、スパイク付きの左腕が胸部から突き出、口の部分がにゅーっと下に伸び……といったピカソ風のザク。
ジョアン・ミロ風になったらもっと不可解となるでしょう。
緑色の球体に、ザクマシンガンらしき棒状の物体がちょっと離れたところに置いてあるだけ。
……芸術的すぎて、誰一人理解できません。(わたしも含めて)

さて、国立西洋美術館を出た後、友達は言いました。
ハンマースホイの絵、他の画家の作品の中に一点だけあったら異彩を放つけど、ハンマースホイだけを見続けると、ちょっとお腹いっぱいな感じかな……
確かに、独特ですしね……視点が。
室内画なのに、人物を一切排除したり、人物の背姿だったりのモチーフは、現代でもなかなか描く人はいないでしょう。
でもこれを『衒い』ではなく、『これがいいんだ』という信念と明確な美意識で描き続けたハンマースホイの姿勢は、一種独特です。

神田やぶ

その後、神田へ移動。
まつや』の蕎麦を……と言いたいところですが、まつやを含め、神田須田町界隈のお店は、日曜休日ばかり。
唯一、『神田やぶ』のみが営業しています。
神田やぶ、美味しいんですけど、量の割りには高いんですよね。
上品な味わいで、一口すすると、清涼なそよ風が喉から鼻へと吹き抜けるような爽やかさがあるのですが、有名店ということで、微妙に尊大な印象を感じてしまうのが難……。
あくまでわたしの印象に過ぎませんけど。
その店、まつやは味わいも接客も、とても庶民的で居心地が良いんですよね。
日本で一番好きなお蕎麦屋さんです☆
この界隈の美味なお店は、一通り味わっています、大学時代から。
なので、わたしにとって『美味美味の宝庫』なんですよね♪
……その9割が、池波正太郎のエッセイで知ったものですけど。

ちなみに、本日のわたしの出費。
待ち合わせ場所までの電車賃、130円也。
以上。
他の経費は、貧窮問答歌なわたしを気遣って、全部友達二人が出してくれました。
……亡くなった友達は、生前、長野の二人へ、なんとこんなことを言ってたそうです。
にゃんこの家へ行く時は、何か食べ物を持ってゆくべし! にゃんころりん、と喜ぶよ
……わ、わたしは、友達みんなからの善意で生きているようです。
うっうっ、申し訳ない……っす。ありがとう……っす。
いつもはいじめっ子な友達、はるるんでさえ、よく考えたら餌を恵んでくれたりするし。
これからは、『たかりのにゃんこ』と名乗って生きてゆこうと思います。(今までのお礼に、逆にご馳走できるようになりたいっす)
そんなにゃんこに、たま~に『ご馳走して☆』と言ってくるわんこは、一体どういう彼氏なのでしょうか?(いや、わんこがおごってくれる時の方が多いけどね)

PageTop

[にゃんこ] MGゲルググ

にゃんこです☆

すっかり、朝型の生活サイクルとなっています。
2日前まで、徹夜で脱出ゲームをしていた人間とはとても思えません
明日も明後日も、この調子でいきます☆
鉄の意思で!!

前回のMGザクII-J型は2週間で完成したのに、このゲルググは3ヶ月くらい……。
その内の半分以上が、背中のバックパック&タンクに費やされましたとほほ。
それにしても、こうして完成してみると、あちこち反省点だらけな気がします。
せっかくクリアを吹いたのだから、もっとツヤツヤに磨いたり、デカールの研ぎ出しってのをやったりしてみたかったっす~~。
バックパックは、細かいペーパーで磨いて、最後にコンパウンドをかけてみてありますけどね。

にゃんこ専用ゲルググ その1

この記事のシリーズは以下の通り。

作品仕様:

にゃんこ専用ゲルググ その2 シールド

  • 全体に、特に濃い紫部分にクリアのトップコートでツヤツヤ。
  • ミッフィーのエムブレムを要所要所に配置。
  • にゃんこ小隊のエムブレムも要所要所に。
  • 全体にパールを散らして、きらめき感を。
  • ゲルググ・マリーネを模して、背中にバックパック&タンクを自作。
  • 濃い紫部分は、宝石のような透明感を目指してみた。

にゃんこ専用ゲルググ その4 背面

機体説明:

にゃんこ専用ゲルググ その3

総員一名で構成される特別海兵隊『にゃんこ隊』に所属していた時代の、1年戦争末期に与えられた専用機。
戦局が混乱をていしている中、これまでの完全単独行動ではなく、傭兵部隊の『ケイオス・ユニオン中隊』へ配属され、この機体に登場した。
機体にペイントするマークにこだわりすぎたために、すっかり出遅れてしまう。


にゃんこ専用ゲルググ その5 頭部

正規のジオン軍とは違う文化を持つケイオス・ユニオン隊は、装備も独特だった。
機体そのものは通常のゲルググだが、背中のバックパックおよびタンクは、ケイオス・ユニオン隊をバックアップする『テスラカイト社』製の特別仕様である。
それは『ソーラー・グラビトン』と呼ばれる独自のシステムだった。
タンクの中身は燃料ではなく充電池であり、動いている間にも機体の表面に埋め込まれた高性能太陽電池から常に充電される。
太陽電池は、透明で硬度が非常に高い『硬化テクタイト』で覆われている。
頭上に装着した輪により、宙に漂うミノフスキー粒子を利用してエネルギーを増幅させるのだ。
にゃんこ専用ゲルググ その7 チューブラーヘルツ 背中に背負ったタンクは取り外しが可能で、替わりに『チューブラー・ヘルツ』と呼ばれる、ビームサーベルに似た兵器を装備可能である。
これは大気がある場所でのみ使用可能な『見えざる重低音の剣』と呼べるもので、超重低音の目に見えない刃を当てることにより、敵の機体を内部から破壊するものである。

いざ出陣してみると、シールドに描かれたミッフィーがあまりに可愛く、非道な連邦のウジ虫どもでさえも射つのをためらったという伝説がある。そのため、激戦区に投入されたにも関わらず、傷やダメージがまったく無く、奇蹟の生還を果たしている。
しかし搭乗したパイロットがど近眼な上にコンタクトレンズがくもっていたために、撃墜スコアもまた0。
結局何の為に出撃したのか判らない、という声も聞かれるが、戦場に一陣の微笑みを与えた功績も評価する声もまた聞かれる。

にゃんこ専用ゲルググ その6 背面アップ

なお、この戦闘後、ケイオス・ユニオン隊はジオン軍を離脱し、再びインディーズな立場へと戻っている。連邦には加担したくないので、そのまま姿を消し、独自の活動を行った。
にゃんこ小隊は、迷子になった挙げ句、どっかその辺に漂流していた小基地を拾い、そこを占拠、たった一人で独立国を宣言した。
公主を名乗り、ネット上で爵位を格安で販売しながら生計を立てたと言われる。

にゃんこ専用ゲルググ その7 記念撮影

ところで、上の写真は、ア・バオア・クーで機体整備が終わるまで待っている間、ちょうど通りかかったシャア大佐を強引に捕まえて、サインをねだり、あまつさえ記念撮影まで行った時のものである。

PageTop

にゃんこ【ドロロロボMk-II】その1:仮組

にゃんこです☆

生活のサイクルを、超夜型から昼型……いや早朝型へ変革しようとたゆまぬ努力を続けるにゃんこです。
今日は午前4時に起床しましたふっふっふ……。
ちなみに昨日は夕方、とっぷり暮れてから目が覚めて、その7時間後に寝るという一日でした。
何も間違ってはいません……。

ペヤング超大盛

ところで、朝に仕事をして、ちょっと難儀な問題に当ってしまい、気分転換にお散歩☆
滅多に寄り付かないコンビニなぞへ気まぐれにぶらりと入ってみました。
おや……これは?

ペヤング中身

なんと、超特大ペヤングです。
すんごい大きさです。
普段は気持ち悪くなるのでインスタント麺など口にしませんが、ちょっとこれは興味が湧きました。
そのまま、衝動買い。
帰宅して、ちょっと早めの昼食にと蓋を開けてみます。
……なんかね、麺のかたまりが二つも入ってんすけど?!
これって単純に、普通盛り2個分ってことっすか?!
さ、気を取り直してお湯を注ぎます。
作ります。
食べます。
気持ち悪くなりました。

食べ終わってから、ふと蓋に書いてある細々した文字へ目を落としました。
ふむふむ、1099kcalか……せ、せんきゅうじゅうきゅうきろかろり~~~~?!
にゃんこ、普段の一日の半分以上ものカロリーをたった一食、しかも一品のみで摂取いたしました。

さて。
製作しているサイトのトップページ、ようやく完成~☆
毎度ながら、
なんでまたこんなコーディングが面倒なデザインにしたのやら……これを作ったやつ出てきやがれぃ!!(オイラだけどさ)
と怒りをぶつけたくなるような事態に何度も遭遇しましたけれど。
何も考えずにコーディングするならともかく、SEOを考えながらの作業には、いつも四苦八苦させられますとほほ。

さて。
今日の仕事はこれにて終わりぃ♪
本当は、昼の内に完成したゲルググさんを撮影するつもりでしたけれど、しとしとと雨が降って、ずっと暗いままだったのですよね。
せっかくの完成品。
室内の撮影では、ピンぼけしてしまう可能性が高くなりますし、色味もいまいちになります。
今日までずっと撮影できてなかったのは、超超夜型生活で、明るいうちに起き出すことが出来なかったからなのですね、ふぉっふぉっふぉ。
今日こそと思っていたのに……太陽のばか~~~~!!

ということで、何かを作ろう……じゃなきゃブログのネタが無い
そうだ、ドロロロボMk-IIがまったくの手つかずだったじゃないか☆
ということで、作ってみました☆
今までは、仮組みなどまったくせず、一つ一つのパーツを磨いてくっつけて磨いて、塗装の前段階まで進めてから、次のパーツへと移っていました。
が、今回はちょっと、仮組みとやらを体験してみようではありませんか。

仮組みをしようとしなかった理由の一つは、一度パーツをくっつけてしまうと、外すのに甚大な労力を要するからでした。
下手すると、パーツを傷つけてしまいかねない……。
しかし!!
よくよく考えてみたら、パーツを合わせる際の、中にあるポッチをちょいと切った状態でくっつければ、外しやすくもなるのではないでしょうか。
世間ではわたし以外の人たちには既に常識ですかそうですか。
どうやらわたしだけが時代に取り残されていたようです。
塗料皿も万年皿ですし。

ドロロロボMk-II 仮組み

完成☆
フルに作ると数日……数ヶ月なのに、仮組みだけだとたったの2時間♪
わたしの悪いところは、こうやって形にしてしまうと、それで満足して続きをやらなくなってしまうことなんですよね……。
仮組みを避けて来た理由の一つでもあります。
次にこのキットをいじるのは、果たして何日後……いやあるいは何ヶ月後なのでしょうか……。
仮組みしたキットを入れた箱の中から、そのうち聞こえてきそうです。
ひどいよにゃんこく~ん。ぼくも早く作ってよ~~~

PageTop

猛烈に仕事に燃えるにゃんこ!!

にゃんこです☆

撮影……いまだにやっておりません……!!
では何をしていたのかと言えば!!
当然、仕事っしょ?
もちろんでありますよ、ほっほっほ。
それ以外に何があるとでも?

あ……息抜きも少々
カラオケ行ったりとか?
具合が悪いのでピアノのレッスンは休んだくせに、カラオケの誘いは断りきれませんな、わっはっは。
ピアノで知り合った音大生のジャズシンガーと歌いに行ったのは、ピアノの先生には内緒の方向で……。
今回は新しくフランス語の歌がレパートリーに加わりました♪
『T'EN VA PAS』です。聴けば、誰でも『あの歌ね♪』と判る有名な歌ですね。(日本語訳では大貫妙子や原田知世が歌ってます)
これで、7カ国語制覇~~~♪
日本語、英語はもちろん、中国語、韓国語、ルーマニア語(マイアヒ~♪)、イタリア語(Time to say goodbye)、そしてフランス語。
フランス語は、大学時代にちょっとだけ授業を受けたことがあります。
もちろん、さっぱり理解できません
これまで勉強して来た言語のどれもがすべて中途半端なのが『にゃんこクォリティ』ですな、ほっほっほ♪

ところで、コツコツと(?)仕事をしている合間にも、愉しみを設けています。
いわゆる『脱出ゲーム』ですね。
わたし、この手のゲームが大好きなんです。
数ヶ月に一度くらいの割合で、唐突に思い出したかのように検索しまくって、プレイしまくるんですよね。
ってなことで、プラモの撮影をサボってまでも血道を上げてクリアしたゲームをご紹介☆

なお、この手のゲームのコツは、

  • あちこちクリックしまくる
  • 道具を集めまくる
  • 集めた道具は、いじると変形したり別の道具と合体したり
  • アイテムはベッドの隙間、ソファの下、棚の裏等が常套的隠し場所
  • 画面に『ん? ゴミかな?』と思うような微妙な違和感があったら、必ずそこには何かある

初心者向け

Mobai room
http://mofuya.com/flash/mobai.htm
かなり初心者向け
・脱出はドアを爆破(普通なら爆風で死ぬような気が……)
詳細な攻略法 →【攻略ページ


雪隠詰められ
http://hozo.hp.infoseek.co.jp/wc/index.html
トイレに閉じ込められて脱出します。
初心者でも比較的簡単に出来ると思います。
・ドアから出るのは諦めて、換気扇から逃げましょう
・高いところへは、浮力で到達
・シャボン玉で遊べば活路は見える
詳細な攻略法 →【攻略ページ

Quaint Room
http://mofuya.com/flash/quaint.htm
肩ならしにちょうどよい難易度。慣れた人なら5分で解けます。
・時々部屋が暗くなるのが謎解きのポイント
詳細な攻略法 →【攻略ページ

慣れて来た人向け

SWAN'S ROOM
http://mofuya.com/flash/swan.htm
多分、難易度的には、スタンダードより少し低めかなっと。
これくらいのレベルがほどよく一番やりやすい気がします。
詳細な攻略法 →【攻略ページ

神社 -JINJA-
http://jinja.at-ninja.jp/INTERFACE2.html
日本へ向けられたミサイルを、神社に隠されたハイテク防衛装置で撃墜するゲーム。
ちなみに、このシリーズは全5つあって、どれも程よい難易度で楽しませてくれます。
『神社』シリーズと銘打っておきながら、残りの作品はどれも神社とは関係無し。
詳細な攻略法 →【攻略ページ

神社シリーズのページ
http://aztec.sakura.ne.jp/index.html
そしてその攻略法 →【攻略ページ
※ただし、最後の作品に関しては、作者さんが完全攻略を禁止しているので、ネット上にはヒントページしかありません。
が、最後の5作品目のエンディングは、とっても感動ものです。
『クリアした!』と思っても、最後まで見て続きをプレイしたら、○○が生き返って感動の再会に☆

にゃんこの推薦

My Diamond Baby
http://mdb.ctime.jp/
これ、なんだか大好きで、これまで3回か4回ほど繰り返しクリアしたことあります。
エンディングがまた、とっても感動できたりするんですよね。
久しぶりにやったら、1時間かかってしまいました……。
詳細な攻略法 →【攻略ページ

こんなもん出来るか~~~!! な超難易度高なゲーム


http://www.geocities.jp/norakurabako/
箱。
とてもシンプル、且つかなりな難易度な凶悪脱出ゲーム。
わたしも、ヒント無しでは絶対無理でした……。つか、攻略サイトを見てもなお難しいってどういうゲームじゃ~~!!
でも、クリアしたら、それに見合う達成感も得られました。
詳細な攻略法 →【攻略サイト

これらの脱出ゲームには一定数のファンがいて、攻略サイトも充実しています。
わたしの場合、攻略法を参考にしてクリアするのは『あり』だと思います。
それも楽しみ方の一つですし、そうやって、この手のゲームのパターンに慣れていったら、自力で解けるようにもなっていきますし。
つか、わたしの場合、すぐ攻略サイトへ走ってしまう、へたれプレイヤーでしたけどね……。
いや実際、
こんな謎が判ってたまるか~~~~!!
と座布団を投げたくなるような陰険、あるいはへそ曲がりな謎を仕掛ける作者もいますし。
いまでも、攻略サイト無しで解けるゲームの方がまだ少ないですし……。

ではでは……明日、もし運がよければ、プラモの撮影をするかも?

PageTop

ゲルググ大会・最後のオプション【にゃんこ編17 終】

にゃんこです☆

この記事のシリーズは以下の通り。

ことの発端は、バックパック&タンクの形がとりあえず出来て来た時のこと。
なんか、ケロロ軍曹に出て来た天使の羽っぽいなあ……
と思ったのが運の尽きでした。
即座にるみなすさんから、
天使の輪っかも作るべし!!
というツッコミが……。
いや、無理っす。
出来ません。
不可能。
やなこった。
……と思いつつも、いや……なんか、やってみたいような気が……。
(- - ) …………。
ゲルググさんの、角とモヒカンとを利用して、輪っかっぽいものをくっつけられないかな?
『ケロロ軍曹』に登場した天使の羽セットの輪は、サーチ機能装備の関係か、ちょっと分厚過ぎて、ゲルググさんの頭に付けるのはちょっと無理っぽいけど(わたしの技術では)、薄い輪っかなら、どうにかなるかも?

ゲルググさん用 天使の輪を作る

コンパスを買ってきました。
予定では、デザインナイフを装着して、何度も円を描くうちに削れて来て切り出せるはず……。
挫折
そうだ、ダイアモンド・ヤスリを装着して、何度も円を描いて……装着不可能!!

天使の輪を作る 2

きっと、何かしらのちゃんとした工具さえあればこんな円なんていとも簡単に切り抜けるのでしょうが、プラモ工具が青銅器時代な我が家では、気合いと根性が全てを制するのだ!!
ってなことで、ピンバイスを駆使して、ひたすら穴をあけまくります。
射撃場の的を連想する姿へと変貌してゆきます、プラ板。
きりきりきりきりきり……。
……射撃場、行きたいなあ……初めて撃った時は、あまりの反動にびっくりしたっけなあ……。
きりきりきりきりきり……。
ふぃ~~~。こんなもんでええかのう☆

天使の輪を作る 3

ナイフで穴と穴の間を切って、歯車のような姿となったプラ板を、さらに線に沿って叮嚀に削ってゆきます。
どうやら、正円らしい形へと近づいていってくれているようです。
切りすぎたらきっとアウト。
あちこち修正しようとして、どつぼにはまってぼこぼこな形になること必定。
失敗してはいけない……神経つかいますとほほ。
そもそもいい歳した女子がこんな夜中に何をやってんだか……

天使の輪を作る 4

円の縁を、ヤスリやペーパーで慎重に削って、丸みを出してみます。
間近で見ると、まだちょっとでこぼこしたところがありますが、少し遠目にしてみたら、円らしく見えてきました☆
そして、溝を彫ってみます。
まずは、ゲルググさんのモヒカン部分に合うように削り、当ててみて、合わないようならさらに削り……。
ふぃ~~~。
わたし今年で何歳になったんだっけ……? 妹も弟も実家の方で家庭をもって堅実に人生を歩んでいるのに、長女だけが東京で真夜中にプラ板だけが友達状態ですかそうですか

モヒカンと角、両方に合うように溝をつくりました☆
今までふんぎりが着きませんでしたけど、やってみると、どうにかなるものですな、わっはっは。
さて、装着……。
うむむ……思ったよりは、悪くはないかも?
(求ム、客観意見)

天使の輪、試着

さて、次は塗装塗装っと♪
これは、天使の輪をイメージしたオプションなので、白を基調とした色合いがよかろう、ということで、
1 白を吹く
2 パールを吹く
3 縁はピンク……いやクリアレッド?

天使の輪を作る 5

白を吹いて、次に、輪の外縁にクリアレッドを吹きます。
しかし、わたしのエアブラシ技術では、綺麗に吹ける自信がありません。
そうだ、どこかで読んだ(多分NOMO-KEN)記事にあったやり方を試してみよう!!
ってなことで、写真にあるようなものを作りました。
薄いプラ板に円を描いて、切り抜いて、その中心に台を着けました。
これを、輪の中心に置いて塗装したら、外縁が綺麗な円になり、なおかつ台は少し浮かしているので、グラデーションもつくってもんです☆
エアの勢いで台も輪っかも吹っ飛んでしまいました……。
いいかげん、わたしのやる気もどこかへ吹っ飛んで行きそうです。
いや、あと少しだ……あと少しで、この旅路は終着点へと辿り着くんだ!!(涙目)
気を取り直して、輪っかと台をマスキングテープで固定。
をを! 今度はうまくゆくかも?

天使の輪 完成☆

しかし、クリアレッド、思いのほか強く出てしまったので、上から白をまた吹いて、薄くします。
本当は下地を吹き直して一から塗装しなおしのつもりでしたけど、いい感じでクリアレッドが薄まってくれたので、結果オーライ☆
内側にもニュアンス付け程度にクリアイエローを少しだけ吹いて、仕上げに、ブルーパールを吹いて、最後にクリアでトップコート。
……で、出来た!!

ところで、バックパックの塗装は、こうなりました。
バックパック本体の色、結局は納得ゆく風合いには辿り着けませんでした……。
いいさ、時には妥協も必要なのさ……ふっ(人生に疲れた大人の溜め息)
デカールも付けて、クリアも吹いて、遠い道程でしたけれど、とりあえずの完成です。

バックパック塗装完了☆

この一連の装置を、
SOLOR GRAVITON
と名付けました。
基本はプロペラントタンクですが、これを開発したTESLAKITE社独自の技術を試験的に盛り込み、太陽の光さえあれば、補給がなくても動くだけなら動ける、というエコな装置、という設定。
ア・バオア・クー戦にて、傭兵中隊『ケイオスユニオン隊』にのみ、即席に配備され、にゃんこ小隊は混乱の最中にこの中隊と行動を共にした、という設定です。
こういう『物語的』なものを考えるのって、大好きなんですよね~。
まあ、このネーミングや概念は明らかに平沢進の影響ばりばりですけどね。

:平沢進というミュージシャンはかつて一度、大量の電気を必要とするライブを、あえて太陽電池だけで敢行したことがあります。大スピーカーを使わず、音を電波で飛ばして会場のファンが装着する小型ラジオで聴かせるという一風変わった手法で。
また、手で車輪を回して発電して使用する『GRAVITON』という自作のMIDIトリガーをライブで愛用しています。

:ケイオスユニオン=平沢進の事務所
  テスラカイト=平沢進のCD等を販売しているとこ(多分)

さてさて、このシリーズは、今回が一応の完結です。
(わんこのゲルググ製作は残ってますけどね)
次回、『完成展示室』にて、ちゃんと綺麗に撮影したのを掲載します☆

PageTop

365歩(プラモ)のマーチ

チータ

チャ~ッチャッチャッチャッチャッ♪
チャ~ッチャッチャッチャッチャッ♪
チャッチャッチャッチャッ♪
チャッチャッチャッチャッ♪
チャッチャ~ッチャッチャッ♪

完成はぁ、歩いてこないぃん♪
だぁから作ってゆくんだねぇ~♪
一日一歩ぉ(一工程)三日で三歩ぉ(三工程)♪
三歩ぉ進んで二歩下がるぅ~♪
(げっ、こんなとこにこんな傷が!)

プラもぉ~はワンツーパンチ♪
汗かきべそかき作ろうおよぉ~♪
貴方がぁ~つけたぁ足跡にゃ~♪
綺麗な花(完成品)が咲くでしょうぉお♪

バリをとってヤスリかけて♪
ワンツー!ワンツー!!♪
休まないで作れぇ~♪
ほらっ!
ワンツー!ワンツー!ワンツー!ワンツー!

PageTop

雑想 11/10 プラモで人生を学ぶ&体前屈-20cm ?!

にゃんこです☆

プラモを作るようになってから、もはや10ヶ月が経ちました。
その間、がっくりくるような失敗の連続……。

今回は、ゲルググさんのバックパック製作で、自分の技量に合わない『無謀』なことをやっちまった感がありますとほほ。
でも、それで色々と勉強になったこともたくさん。

●なまくらすべからず!
●地道が一番!!
さっさと終わらせようと思って、無精な作業で済ませようとしたら、必ず失敗して遠回りを強いられることを悟りました。
些細な失敗を無視して先に進もうとしても、やっぱり結局は最初からやりなおしの憂き目に。 特に、ペーパーでの磨き。
これ、おざなりにしたら、必ず後で後悔するんですよね……。
そもそも、『磨き』『マスキング』『塗装』等々、そのどれもがまだまだ未熟ってことを改めて認識しましたよ……。

どうやら、プラモは人生を学べる趣味のようです(大袈裟)。
いや……自分の人生でも、やらなくてはいけないことを後回しにして失敗したり、今やっていることをおざなりにしたりして失敗することはたくさん。

ちなみに今、わたしはデカールを作り直しています。
トップコートを吹いていたら、インクが滲んできてしまいました(涙)。
もっと慎重に、時間をかけてでも慎重に、段階を重ねて少しずつ吹くべきだったようで……。
しかも、『多少のにじみは仕方ない!』と開き直って、水につけてみましたが……トップコートが不完全で、さらに滲んでしまいましたよ……とほほ。
二重にダメダメだったようです。
ってなことで今、新たにベーススプレーを吹き付けています。
これが完全に乾いたら、明日あたり、また印刷し、さらに時間をおいてインクが乾いたらトップコートを。

てなことで、今日は早起きして仕事を終えたので、さてさて、またプラモの続きでも……。
腰の痛みをこらえつつ。
いや、先週ミーティングへ行った帰り、その出版社がある最寄り駅の前の八百屋さんが余りに安くて、たっぷり購入したんですよね。
スーパーの袋からネギをぴょこんと覗かせて山手線に乗る女の図。
でもそれが余りに買いすぎて重くて、変な筋肉の使い方をしたのか、ちょっと痛めてしまって、さらに、帰宅後にご飯を作ろうとして野菜をとろうとかがんだら、『ずきっ』と来たんですよ奥さんこれがまた。
筋を……筋をいためました。
左臀部から左大腿前にかけて、痛みが走っています。

一昨日、お風呂上がりにちょっと柔軟体操してみようと思ったら、体前屈、なんと-20cmくらいでしたよ……。
こりゃ筋も痛める訳だとほほほほ。
大学時代、ダンス部在籍時には20cm前後ほど行ってたんですよね。
その後、去年までは、0cm。ちょうど手の指先が脚の指に着くくらい。
たった一年余りの間に、20cmも後退?!
通勤って、やっぱりそれなりの運動にはなっていたのですね……。

PageTop

犬男爵

はっはっはっ
ルネッサぁ~んす!
犬男爵

どぉ~もぉ貴族です。
はっはっはっはっ
それでは早速貴族の御プラモブログを

ゲルググ大会の締め切りが
いやぁ、快調快調
現状

ここまで進んで
ゲルググ胸

更にこのような状態に

逆戻りやないかぁ~い!
チン

まぁ貴族ともなればゲルググ以外のプラモ
戦車もさらさらっと進めております
マーダ3r
以前の状態となんもかわりないやないかぁ~い!
チン

にゃんこくん
男爵様大丈夫です

我が輩(犬男爵わんこ)
おっ、にゃんこくんなにが大丈夫かな

にゃんこくん
ゲルググ用ビームライフルがあるじゃないですか。

我が輩(犬男爵わんこ)
おおっ、我が輩にはそれがあったか
マリーネライフル作成
って
君んとこに置きっぱなしで
手の付け用がないやないかぁ~い!

チン

にゃんこくん
男爵様、地元の御友人方との二号戦車大会がまだあります!

我が輩(犬男爵わんこ)
おおっ、そーだった貴族仲間との二号戦車が
2号戦車
って、始まったばかりやなぁいかぁ~い!
チン

にゃんこくん
男爵様、私もゲルググが全然進んでいません

我が輩(犬男爵わんこ)
なに、にゃんこくんもそうなのか?

にゃんこくん
はい
後はバックパック本体の塗装と
デカール貼りなんです。
バックパック塗装中

むちゃくちゃ完成間際やないかぁ~い!
チン

はっはっはっはっ
ボンジュ~ル!!!!










す、すいません全然進んでません(汗)

PageTop

ゲルググ大会・バックパック成形完了【にゃんこ編16】

にゃんこです☆

さて、ゲルググさんのバックパック&タンクの製作は、いよいよ佳境☆
傷が一向にふさがらないのをどうにかしようと奮闘もしましたが、その過程を撮った写真は、 『あ、メモリがもう満杯だね。削除しとこっと☆
……パソコんへアップするのも忘れ、あえなく昇天

この記事のシリーズは以下の通り。

いよいよ……(ふぃ~~~、長かった~~~)……いよいよ、塗装です。
ようやくここまで辿り着いた、という感慨。
あれだけ傷の処理をしておいたのにも関わらず、塗装直前で、
あ、ここにも……あ、ここも……
……。
…………。
いや~あっはっは~~~~、キリが無いっすな~~~♪
見なかったことにして、先に進みます。

バックパック下地塗装

見事に真っ黒けになりました。(正確にはブラックグレー)
さあ、これからが塗装の本番です。
計画では、
上タンク:ピンク(ただし先っぽへゆくに従って明るくなるグラデーション)
下タンク:ピンク
バックパック:ゲルググさんのボディと同様

バックパック・マスキング

とりあえず、バーニアがある部分をシルバーに塗るべく、マスキング。
後から、水性のブラックを薄めたものを重ね塗りする予定です。
通常のパーツと違って、スクラッチで作ったものは、塗り分けのためにもあちこちマスキングが必要な模様……。
上級者ならもっと効率的な手段を知っているのでしょうけれど、
これは、マスキングの練習にもなるのだ!!
と自分へ言い聞かせ、面倒でもひ~こらと作業ゥ!!

今日の午前中で、ビジネスパートナーへ提出すべき仕事は一通り終わってしまったので、今日明日は時間ができます。
なので、久しぶりにプラモへたっぷり時間を費やせるってものです。
午後、戦時中の宝塚を描いたドラマ『愛と青春の宝塚』の再放送を見ながら。
宝塚の公演には、2回くらいしか行った事ありませんが、こうして見てみると、やっぱり宝塚っていいよね~~、という気分になってきます。(あくまでもこれは、宝塚を舞台にしたテレビドラマですが)
クライマックスでは、大泣きしてしまいました。
大泣きしながらも、コンプレッサーは
『みょこみょこみょこみょこ』
と唸って、
『しゅ~~~~~~』
とエアブラシの先からは塗料が吹き出、バックパックの塗装は進んでいたりもしますが。
宝塚ドラマを見ながら号泣し、なおかつプラモも同時製作する女の図。

ふひ~~~。
とりあえず、けっこう塗装できたかなっと。
残すは、バックパック本体のみです。
これは、ゲルググさん本体よりもさらにダークな印象の色合いにするつもりです。

バックパック塗装中

なおかつ、プロペラントタンクへ貼るつもりのデカールも作成しました。
るんるん気分でわんこへ電話すると、
プロペラントタンクは使い捨てだから、普通はロゴなんて入れないよ?
……そなの?!
あ……いや……。
うちの部隊はエコに気を遣うから、タンクはリサイクルして使うの! だからにゃんこ専用タンクってことで、ちゃんと使い続けるの! だからロゴは必要なの~~~!!
環境問題まるで無視な戦時下にあっても、エコ精神を失わない、それがにゃんこ隊なのであります☆
失敗した時の予備も含めて2つずつ3種類。
搭乗者の名前(兼、小隊名)と、ア・バオア・クー戦で臨時編入された中隊名の『ケオイスユニオン』、それからタンクそのものの名称。
ちなみに、わたしの自己設定では、このバックパック&タンクは、3種類ほどの複合的な性能を持っていることになっています。

タンク用デカール

さて……完成の一歩手前です。
このゲルググさん製作シリーズ【にゃんこ編】、多分あと一回くらいで終了~~♪
その後は、完成展示室にて、ゲルググさんの完成披露、の予定でごじゃります~~~~☆

PageTop

スカルプチュア用品をプラモに使ってみた

にゃんこです☆

いや~~あっはっはっはっは~~~~~♪
銀行で残高を確認して、
今月の生活費、一体どうすんべ?
と悄然となって出た帰り、ふらりと寄った100円ショップで、素敵なものを見つけてしまいました。
メイク用品コーナーで、燦然と輝く『スカルプチュア用品』。
それらが、ずらりと並んでいます。

一ヶ月前、札幌にて友達の彼女さんがわたしの爪にスカルプチュアを施してくれた時、
これをプラモ製作に応用できないかなあ……?
と思ったものでしたが、ネットで調べてみたら、用具が高く、ちと断念してました。
が、100円ショップで揃えられるなどとは想定外!!

必要と思われるものをばさばさと購入します。
しめて735円なりぃ~~☆

スカルプチュア用品一式

  • アクリルの粉末(ホワイト)
  • アクリルの粉末(クリア)
  • アクリルリキッド(溶剤)
  • ベースコート(接着性を高める)
  • ブラシクリーナー
  • ダッペンディッシュ(皿)

帰宅したら、さっそく試してみました。
製作中のゲルググさん用バックパックで、なかなか傷が治ってくれない部分が実験台です。
以前、わんこが、
アセトンとかそういうのを使用するなら、プラスチックを侵さないか?
とかいう懸念を抱いていたことを少し思い出しましたが、そこはそこ、にゃんこ流・根拠のない楽観論で万事OKです。

1ベースコートを、補修したい部分に塗ります

2筆をアクリルリキッドにひたし、適量を含ませます

3そのまま、アクリル粉末(ホワイト)に筆先をちょんとつけます

4リキッドを含んで、粉末がペースト状に変わります

5急いで、補修したいところにアクリルペーストをつけ、塗りたくります

6クリーナーに筆をひたして、ティッシュで拭き取ります

7塗りたくったアクリルが、みるみるうちに固まります

スカルプチュアを使ってみた

……をを!!
きっと、これは瞬間接着パテと同じような効果があるんでしょうね。
あっというまに固まってくれて、すぐ作業が出来ます。
いや~~、これはなかなか良い工具を発見したものですな、ほっほっほっほっほ♪
プラスチックが溶けてしまうという懸念も杞憂だったようで、大丈夫っぽいです。
しかも、固まったら、すんごい強度があるっぽい
今まで、パテで埋めて、硬化したら削って……削って……削りすぎてまたパテを盛り直して……の永久循環でしたけれど、これならきっと大丈夫☆
(つか、パテの使い方が下手なだけと言われたらそれまでの話ですけれど……)

さてさて、これで満足したので、ご飯でも。
少しでも節約すべく、コストが低く、それでいて美味しいものを……。
昆布はある。各種調味料はまだ大丈夫。
ってなことで、白菜とか豆腐とか長ネギとかうどんとか買い込んで、一人鍋を☆
ポイントは、鶏皮です。
100gでたったの70円。これを200g。
鶏皮をこまかく刻んでいれると、良い出汁がとれて、しかもコラーゲンたっぷりぃ~♪
白菜も大きいので、どれだけ入れてもたっぷり食べられます。
……美味い!!!!!!!
具が少なくなったら、その都度、安い野菜を八百屋さんで買えばよいですし、鶏皮もいつでも補充可能なくらい、冷凍庫に保存してあります。
しばらくは、お金のかからない食生活を……それでいて『美味しい幸せ』を忘れない食生活を堪能しようと思います☆

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。