スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

よし!これでも聞いてモチベーションあげるか!!


レコードもCDも行方不明なんでYouTubeで 笑

しかしこの映画のUボートもブンカー(基地)もレイダースの流用なんて信じられないねぇ。
               ↑
とこの記事を書いた当時思っていたんですが、どうやら逆で映画のUボート物をレイダースが流用したようです。 訂正2009 11.21

スポンサーサイト

PageTop

訃報

昨日知ったのですが
ヒゲのプラモ怪人 事 小澤勝三さん
たらふくちゃん 事 今井邦孝さん
のお二方が亡くなられていたんですね。

最近プラモにかえりざいてた私は最近の模型雑誌を進行形で見ておらず
今井氏も小沢氏も御活躍されているものとばかり思っていたのはしょっくでたまりません。

ガンプラはSFモデルも好きではありましがスケール物を中心だった私は
小沢氏の
コミックボンボンでの活躍やプラモプラモ狂四郎 の登場人物としての
活躍のイメージより
SF物の初期初ガレキ、オズアートワーク
HJ誌での毎月連載のAFVスクラッチ記事
などが印象が強い方でした。

御本人とは一度だけお話しさせていただく機会があり(80年代半ば頃だったかな)
小沢氏のプラモ愛に満ちた話しを今も思い出します。

今井氏は
横山宏氏 梅本氏 松本州平氏などとともに
個人的にテンションが落ちた感じを受けていた
HJ誌面上で毎月私を楽しませてくれた方々の一人で
「エアーキットホームランコーナー」や他コーナーでの他方々とのやとり
創刊時のMG誌などでの大活躍が今も忘れられません。
MG関連の展示会が行われた際にお話しする機会がありましたが
なんておしゃれで面白い方なんだろうと田舎物の私には眩しい存在でした。

まだショックが抜けず文章がめちゃくちゃですが
小沢氏今井氏の御冥福をお祈りいたします。

なんか自分の中の80年代がまた終わりを迎えた感じです。

PageTop

にゃんこ【木蘭ゲルググ】その2:ラフデザイン

にゃんこです☆

この部屋の惨状を見てください。

部屋の惨状

これを見た世の方々なら、きっとわたしと同じ事を考えるに違いありません
そう、誰もが思うでしょう……。
わんこ……こんなに部屋をプラモの部品だらけにしちゃって。
『わたしもさっさと作りたいっつーの!!』(違)

いやしかしもう、わんこ、いったい戦車のプラモをいくつ持ってるんでしょ?
多分、作ってない戦車がたくさんあるでしょうから、絶対その内『作られないプラモさん』の呪いで、ある朝目が覚めたら戦車プラモに姿を変えられるい違いありません。

閑話休題。
ながらく悩んでいた木蘭ゲルググのデザイン、とりあえずこんな感じに。

木蘭ゲルググ ラフデザイン

デザインで悩んだポイントは、以下のとおり。

  • 男装の麗人を意識
  • そもそも木蘭らしいデザインって何じゃろ?
  • 武器はどうする?

ゲルググ資料4

とりあえず木蘭の肖像画を参考にカラーリングしてみることに。
でも、まだまだ課題はたくさんある気がします。
武器のデザインも先送りに。(もしかしてスクラッチで作らなきゃいけないかも?!)
頭部の後飾りは変える予定ですが、さて、どうしよ……?
肩のとんがりは削って、別のものにします。

まあ、どうせ木蘭の姿なんて、誰も知らないでしょうし。
三国志の登場人物に比べると、彼女の存在なんてずっとマイナーですし、日本では。
参考文献も、段ボールの中から発掘しなきゃ。
『隋唐演義』もそうですが、陳舜臣のエッセイの中にも木蘭のことが書かれたものがあったような記憶がありますし。うん、多分あったはず。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。