スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゲルググ大会・バックパック成形完了【にゃんこ編15】

にゃんこです☆

仕事はようやく調子づいてくれましたけど、ピアノのレッスンは相変わらずダメダメ……。
先生に、深~~い溜め息をつかせることに成功しました♪
……我が輩、ピアノの素質がゼロに近い?
っていうか、ゼロ?
『前回ようやく進んだと思ったら、またリセットがかかっちゃってるねえ……』
そう、まるで、階段の一段目をずっと足踏みしているような進歩具合です♪

さて、このゲルググ制作のシリーズ記事は、以下の通りです。

長かった……まだ先は長いけど。
とりあえずは、形になるところまでは完了しました。多分。
プロペラントタンク&バックパック♪
仕事の合間に、少しずつ進めていたら、いつの間にやらここまで完成してくれました。
でも、これまでの手間を考えたら、HGのキットを2つ3つくらい作れるくらいなのでは、という気が……。(さらっとわんこへの嫌味)

下タンク土台の製作

ゲルググ途中経過15-1 サンドイッチ状態

下タンクの取り付けを考案した後、さっそくプラ板をその形に切り抜きます。
その中心へ、慎重に穴を開けます。
これで、下タンクベースを、本体とバックパックの間へ、サンドイッチのように挟んで、取り付けられるようになります。
さらに、下タンクを取り付けるための穴も開けます。
慎重に位置を決めて、なんども計り直し、ピンバイスで、そ~っと……。
ちょっとでもずれてしまったら、またプラ板を切り抜くところからやり直しです。
これが上級者なら、間違った穴を埋めてまた開け直すというテクニックも使えるのでしょうけど、こちとら伊達に『超弩級初心者』の看板をぶら下げてません!(←居直り)

開けた穴へ、3mmのプラ棒を通します。
そのプラ棒は、お香にてピンポイントで熱し、角度をつけてあります。
さらに、プラ棒の先っぽを火であぶり、柔らかくしたところで、平たく潰します。
これで、下タンクの穴へ通せます。
この作業で最も神経を遣ったのは、やはりプラ棒の角度でしょう。
2本とも全く同じ角度にしなければ無意味ですから。
角度そのものも、的確でなければ、下タンクが変な向きになってしまいます。
これはもう……勘で、
この角度に賭ける!!
……ほとんどギャンブル同然な作り方ですな……。

ゲルググ途中経過15-2 骨芯を曲げる

出来たところで、試しに本体へ装着してみましたが、幸運なことに、案外と良い感じに☆ 日頃の行いがよかったものと断定します!!
誰が何と言おうと、わたしの日頃の行いがとってもよかったのです。そう、『キング・オブ・良い子』なのです!!!!(反論禁止☆)

ゲルググ途中経過15-3 下タンク取り付け

これで、下タンクの骨芯が出来たことに。
次に、実際に下タンクをつけてみます。
カッティングシートの目盛りを参考に、左右の角度をぴったり同じに……。
たぶん、同じになってると思います……。
そ~っと、動かさないように手を離し、ついでに呼吸も我慢します。
ちょっとでも動いてしまったら、またやり直しですから……(涙)。
窒息死しない内に、さささっと瞬間接着剤で下タンクを仮止めします。
……ぷは~~~~~!!!!! ぜいぜいぜい……。
どうやら、いい感じで止まってくれたようです。
隙間をパテで埋めて、がっちり固定ッ!!

バーニアの取り付け

ゲルググ途中経過15-4 バーニア取り付け

一方……。 バックパックもそろそろ完成させたいものです。
課題は、バーニアの取り付け。
これは、エポキシパテで『ぷにゅっ』と付けることに決めています。
他の手法は、多分無理。
適当な大きさに、エポキシパテをこねて、まる~くして、バックパックへつけます。
そして……バーニア(小)をまず中央に配置。
さらに、バーニア(大)2つを、左右に配置。
……。
…………。
わ、悪くないと思うよ?
エポキシパテの表面にある指紋が微妙に気になりますが、それは固まった後で磨けばよい、ということにしましょう☆

本体への安定した取り付け方法

ゲルググ途中経過15-5 ゲルググさん背中の穴

さて……ここで一つ、問題が。
なんかね、ゲルググさんにバックパックを背負わせたらね、左右のどちらかに傾いてくれるんですよね……。
これを解決するには……う~ん……ちょっと面倒ですけど、本体へ差し込む棒をもう一本追加するしかないのか……。
ゲルググさんの背中には、穴が二つ開いています。
シールドを背負う用と、ナギナタを背負う用と、それぞれに。
この2点で支えれば、バックパックはぴたっと固定されるはず。
しかし、わたしに、もう一本の位置を完璧に決められるのでしょか?
これ、余程しっかりと定規で計って、1mmの狂いもなくプラ棒をつける位置を決めなきゃ駄目だよね。

ここで、天才的かつ無精かつ『運を天に任せる』的な手法を思いつきました♪
 あらかじめ、プラ棒を背中の左側の穴に入れる
 プラ棒の先っぽには接着剤を塗っておく
 そ~~~~と、バックパックを背中に装着
 左の穴にはめておいたプラ棒が、バックパックにくっつく
 そ~~~~~~っと引っこ抜く
……をを!ゲルググ途中経過15-6 差し込み用のプラ棒
多少のギャンブル的要素は否めないけど、これならわたしの技術でもなんとかなる?!(運がよければ)
そして出来たのが、これ☆(左写真参照~)


モールドを彫る

さて……。
残る作業は、上タンクを磨くことと、下タンクのモールド刻みです。
……あれ?
モールド、下タンクをつける前にやっておくべきだった?
……てへっ。
せっかく作った下タンクを壊してしまわないよう、慎重に作業しなけばいけなくなっちゃいました☆
まあ、こんなハプニングもあるよね、うん。

ゲルググ途中経過15-7 モールドを彫る

定規で位置を決め、マスキングテープをぐるりと貼ります
これで、まっすぐなモールドを彫れるはず?
さらにスミ入れペンで、テープ沿いに線を描きます。
その線に沿って、デザインナイフで慎重にモールドをつけてゆきます。
(相変わらずPカッターを持ってない……)
ここで失敗したら、泣き寝入りどころの騒ぎじゃないので、いやが上にもぶっつけ本番です。
刃が変な方向へ行っちゃって、無駄に傷がついてはいけないので、最初はそ~~っと刃先で撫でるだけ。
その作業を根気よく繰り返し、少しずつ溝を深くしてゆきました。
……なんか、今回、『そ~~~~~っと』な作業ばかりな気がするよ?!
仕事にもこれだけ神経をつかえばいいのにね。

これで、形はほぼ完成~ッ☆
後は表面を磨くだけです。
次回は、いよいよ塗装に移れるのか?!

ところで。
なんか、基礎技術もまだ培われてないのに、こんな作業をするのって、やっぱり無謀だったのでは……という気がすんごくしますが……。
なんだか、わたしの『いつものパターン』です、とほほ。
基礎がまだ出来てないのに、上級なことをやろうとして、そこでたっぷり懲りて、またおとなしく基礎に戻る、という……。
しばらくはスクラッチなんてやりたくない~~!!
これが終わったら、おとなしくまた基礎的なプラモ作成に専念しようと心に誓いました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ども~!兄さんだよ~ん!!
しかし、かわいいよねぇ、、にゃんこさん!
困る部分が読んでて凄くよく分かるよ、、、
(メールくれればすぐ回答するのに!)
ほんで、背中のピンの合わせ方ですが、、
凄く簡単な方法を書いておきますので、次回また同じ事で困ったら試してみて!
適当な長さに切ったセロテープを背中に何枚か貼り、穴の部位を油性マジック(細)でマーキングしてから、はがし、そのままプラ板に貼って、マーキングした部位のセンターを針でプスッと刺す!そしたらその穴にピンバイスを当てて回せば簡単に穴の正確な位置がコピーできるよ!!v-508
今度暇な時試してみてちょうだい!
ほいじゃ~のぉ~!!

n.blood | URL | 2008年10月16日(Thu)05:22 [EDIT]

先生の眼力?

> 『前回ようやく進んだと思ったら、また
>  リセットがかかっちゃってるねえ……
>  階段の同じ場所で足踏みしている進捗状態』
 
  
にゃんこ、挫けるな、ガンバレー!! o(^_^)o
 
  
って応援してあげたいんだけど、 
も、も、もしダメでもね...希望を持とう!
   
 
先生はきっと、にゃんこの才能...
天賦の才が、「踏み台昇降」に
あることを見抜いたのでは!?
 
 
そしてもし転向したら素質が開花して、
世界選手権も 狙えちゃったりして! v(^_^)v
 
その実績が評価され、
日本代表としてロンドン五輪にも出場して、
踏み台昇降では日本人初の金メダル獲得!!
  
もはや誰もが憧れるトップアスリートの仲間入り!!!
 
そしてトレーニング用に、「にゃんこ専用」平均台付き
の大きな自宅も購入して、ブルジョワジーの仲間入り!!!
 
ついでについでに、ダイエットにもなるし... 一石三鳥♪
 
 
 
プラモネタは全くわからないので、
ノーコメント、ごめんよぉ...
   

はるるん | URL | 2008年10月16日(Thu)06:40 [EDIT]

そんなノウハウが……!!

n兄さま☆

ほげ~~!!
そんな手法があったなんて……。確かにその方法なら、もっと確実かつ簡単☆
ノウハウ無いくせに、人にアドバイスを貰うという発想もなくて、ついつい、変な方法に走ってしまうのが、にゃんこクォリティ……。
(- -;)

今度、試してみますね♪
ありがとうございます☆
つか、n兄さまのブログを見ると、神としか思えないようなクォリティ。同じスクラッチでも、雲泥の差がありますよね(そりゃそうですけど)

はるるん☆

そうか……。
我が輩にはそんな才能が……!!
いける! ロンドンでは金を狙える!!
……
…………
ふじゃけるにゃ~~~~!!!!
そんな種目が五輪にあってたまるか~~!!
くだらないことを言った罰として、はるるんはHGアッガイを12体つくること。
その内の一体は赤く塗ってシャア専用にすること。
1/144のアカハナのフィギュアも作ること!!
これではるるんもプラモ仲間に☆

にゃんこ | URL | 2008年10月16日(Thu)18:55 [EDIT]

なるほろ・・・

マスキングテープを利用するのね(メモメモ)
私ならきっと定規とコンパス(100均の)でしっかり測ったつもりが、やっぱりずれてるよね?状態に陥るのが、私にも見える!
そそっかしいのか、適当なのか(多分後者です)そんなわけで、いつも修正の毎日です。
がっはっはっ(笑い事じゃねっつ~の)

はるるんさんは、12体のアッガイ楽しみにしてます!1体くらいは手伝うよ~(^o^)丿

るみなす | URL | 2008年10月17日(Fri)10:50 [EDIT]

> はるるんさんは、12体のアッガイ楽しみに
> してます!1体くらいは手伝うよ~(^o^)丿
 
えっと、
人の気持ちがわかる男の ワンさんが、
( コメント欄の 一番最後で )
内気な私に代わって ↓ 言ってくれてるわ。
 
http://wannyanplamo.blog25.fc2.com/blog-entry-140.html#comment
  
わんさん、ありがとう~!!!(笑)
 
 

はるるん | URL | 2008年10月17日(Fri)17:02 [EDIT]

嗚呼……刻が見える……

るみなすさん☆

見える! わたしにも見えるぞ、モールドが妙にへがんでいる姿が!!
いやぁ……。マスキングテープで、きっちりまっすぐにしたつもりだったんですけどね……。なんかね、テープを剥がしてみたら、彫ったモールドが、斜めっぽい気が……。
(- -;)

はるるん☆

わんこのあの言葉は、別の案件に関して述べただけです。
はるるんの気持ちなど、まったくどこも代弁などしておりません。
悪女のくせに、自分のことを『内気』と偽った罰として、はるるんには、アッガイ12体に加えて、ドム4機のノルマを追加します。
(黒い三連星の分が3機に、シャア専用が1機)

にゃんこ | URL | 2008年10月17日(Fri)21:02 [EDIT]

えーん。
いくら私が大人しいからって、
みんなで、寄って、集って、
イヂメるぅ~うるうる~。>.<
  

はるるん | URL | 2008年10月18日(Sat)05:50 [EDIT]

異議あり!

異議有り!
はるるん、あなたは明らかな嘘をついていますね。
おとなしい?
いじめる?
いいえ、違います。
むしろ、いつもにゃんこをいじめているのは、あなたの方だ!!(効果音)
(緊迫したBGM)
あなたのその可愛い顔から吐かれて来た数々の毒舌や悪女っぷりを証言するNさんの証言もあります。
あなたはもう、言い逃れはできない!!(決定的な効果音)

にゃんこ | URL | 2008年10月20日(Mon)00:31 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。