スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ディオラマ(ジオラマ)の草の表現3

わんこです。



前回のラストに衝撃的に紹介された
新素材ドライプランツ!!
その正体とは!!じゃじゃ~ん!!
               ↑
               大袈裟すぎ

ドライプランツ見本
なんだ金魚藻じゃん!!(爆)
フッフッフッ甘いぞ明智君!
一見、ただの金魚藻を乾燥させただけにみえるが
これは天然シダを乾燥させ着色したものなのだ!!
な、なんだってー!(byMMR
       
いや、だからそんな事パッケージに大きく書いてあるし!

いやぁ正直これを見つけたときには
自分にディオラマの神様が降りてきたなと感じましたよ、ええ(わんこ談)

こんな素材誰もまだつかってねぇぞぉ と
優越感いっぱいにグーグル検索すると
もぉ、すでにかなりポピュラーな存在みたい(自爆)

あっ、なんかパソコンに向かって仕事してるはずのにゃんこ先生が怖い目で睨んでます

はい、わかりました下手な田舎芝居はやめて本題にはいります 汗


、いうわけでドライプランツです
早速枝振りのいい部分を切り取って早速ベースに植えてみました。
ドライ1
ドライ2

寄せ植え1
こんな感じになります。
ちょっと他の草とのバランスを欠いている感じもしますが
ジャングルや森林などのシダ類の表現(まぁ文字通りシダですし)
小さめなサイズの針葉樹の枝などにも使用出来そうです。

色はその時のロッドによってなのでしょうか
非常に透過性のある色の時と
いかにも着色しました感じの色の時があります
が塗装も一応可能でした(ブラシで吹くときはかなり圧力を弱めて下さい)

さて、よいよ
ディオラマ(ジオラマ)の草の表現 次回にて最終回

すいません、まだ続きます 汗
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。