スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

戦車の泥表現に使ってみる

タミヤのテクスチャーペイントを戦車の表現に使ってみました。
実験材料は以前作ったタミヤのセンチュリオンくんです。

センチュリオンを選んだのは
実験に使用する適当な車両がなかった(笑)

高荷義之さんの書いたタミヤ1/35センチュリオンの箱絵
朝鮮動乱時のセンチュリオンだらけの荒地を砲口を画面正面に向けている
強烈なイメージが頭に残っていたので
是非、自分なりに再現してみたいなぁ、と思い犠牲者となっていただきました。
(後でディオラマ用にも使えそうだし 笑)

2号戦車のベースで使用した際には
テクスチャーペイントには色を加えず濃度の変化での仕上がりの違いをみましたが

今回は
の乾き具合状態の湿り気具合の差での色の差を試してみようと
段階的にパステルを加えていきの色の変化を出してみました。センチュリオンの泥表現
センチュリオンの泥表現2

センチュリオンの泥表現3
すいません、この写真だけ保存ミスって小さくなってしまいました 汗

パステルを大量に使用した為完全な艶消しになっています。
後で、この上から薄めたクリヤーを塗って湿った泥の表現が可能か試してみます。
(最初の時点でメディウムやクリヤーを混ぜてみるのも面白いかもしれません)


タミヤテクスチャーペント自体の戦車の泥表現としての仕上がり感は
少し1/35の表現には粒子が粗いかな?という印象を受けましたが
パステルや塗料の加え方、付着のさせかたでかなり変化はつけられそうですので
今後も使用して試してみたいと思います。

センチュリオン全景

おおっ、この足回りのドロドロ感
かなり高荷さんの箱絵のイメージに近づいたか
うんうん と自己満足に浸りながら箱絵を取り出してみて見ると。
センチュリオン箱絵
全然泥だらけじゃないし
キャタピラのパターンまでよう見えてまんがな!!


あぁ~あ、またやっちゃった
ちゃんと確認しないでイメージ先行でやるとこーなるのね。

まぁ、今回のテーマは戦車の泥表現
問題無し問題無し問題ないんだったら、問題ないんだよぉ~
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
こんにちは

先ほどはコメントありがとうございました。

タミヤのテクスチャーペイントを車体に使った場合はどうなのかというのは、とても気になっていた事なので、大変参考になりました。
テクスチャーペイントそのものを手に入れていないのですが、いろいろ想像力と工作意欲を掻き立てられる素材ですね。

パテ埋め | URL | 2009年11月21日(Sat)05:52 [EDIT]

コメントありがとうございます。

パテ埋め様
コメントありがとうございます。

タミヤのテクスチャーペイント
簡易に土の表現が出来る以外の使い方まだありそうな気がしますね。
砂漠色は近々使用しる予定です。
草色の物はちと使えないかな、と思っていましたが草地の下地に使えるのでは?
と思い直しはじめていました。

馬鹿なページですがこれからもお気軽にお越しください。

わんこ | URL | 2009年11月21日(Sat)16:56 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。