スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

枯葉1.5(葉の表現)

リスマスまでにはアントワープ一番のりだ!!
壮烈ドイツ機甲軍団 中西立太著 クリストローゼ 画 小林源文 より
12月になりましたね~
12月になったと言って別になんの変わりない
(あっ、今月誕生日でまた歳とります 汗)

犬男爵、事 わんこです。



さて、前回の続き「枯葉」です。
前回の内容をよーく読み返して
これは「枯葉」では無くて「落ち葉」では?
との疑問が湧き出してきましたが、そのまま「枯葉」で進めます。

紙で作る「枯葉」
まるで本邦初公開のような顔で前回書いていましたが
最近では結構ポピュラーな方法です(笑)
私がこの紙製の「枯葉」をやり始めたのが十数年前位かな?
この方法を思いつく切っ掛けになったのが
モデラーの嘉瀬 翔さんで
ホビージャパン誌(かその別冊のMMM)での「枯葉」(落ち葉)の表現でした。
嘉瀬さんはリアルな「枯葉」(落ち葉)の材料として
本物の落ち葉を利用する方法を考案されていました。
草の表現1の時のバラン法といいこの頃の嘉瀬さんには多大な影響を受けました

落ち葉の細かな葉脈部分を葉の形に切り抜く
素材も実感たっぷり、オマケに葉脈まで再現されている
その時点ですでに海外製のエッチングパーツメーカーより落ち葉などを再現したものが発売されていましたが
葉脈まで再現されているものはありませんでした

その「枯葉」(落ち葉)
のリアルさに衝撃を受けてわんこも早速真似をしてみました。

確かにリアルな「枯葉」が再現出来ました。
ですが、中々上手に出来ない。

あまり乾燥しすぎていると切り抜きの際に崩れてしまう。
あまり乾燥していない状態だと上手く切り抜けない。
今考えれば落ち葉の種類の選定と切り出しに使う工具選びでなんとかなったのでしょうが
所詮そこがしょせん犬畜生
わんこ野良犬頭ではどうしょうもなく
なんとか他の素材で再現出来ないかと模索しました。

嘉瀬さんが再現した「枯葉」をリアルと感じた点の「葉脈」
この「葉脈」を再現するのは何がいいかと
当時地元の模型仲間と作っていた会報の表紙用の紙を
折ったり伸ばしたり、折ったり伸ばしたり
てわすら(手遊びの栃木弁)しながら考えていました。

ふと手元に目をやると紙にきっかりと一本の筋
何度も折ったり伸ばしたりしていたせいでかなり浮き出て見えます。
あっ、これはいけるかもしれない!
と思い、さっそく葉の形に切り抜いて見ました。
左右非対称な形ですがくっきりと「葉脈」がある「落ち葉」が出来上がりました。
ここまで来れば問題点の改善は早いもので
左右対称にするには折った状態で切り出せばいいし数も上げられる。

いやぁ、正直
この時はジオラマの神様が私に降りて来たと
思いましたね(わんこ氏談)←大馬鹿者!

いや、本気で当時そう思ったんです(自爆)
当時、ホビージャパン別冊のMMM誌で
金子辰也さんの「ひまわり」
嘉瀬さんの「落穂ひろい」
「名画植物物量大ジオラマ」←わんこの勝手な命名です
が発表された時期。

よしゃ!俺も殴りこみかけちゃる!!

向こうが「名画」ならこちとら「ジャズ」じゃ!!
マイルスじゃマイルス!!

祖国へと敗退して行くドイツ兵その傍らに積もりゆく「枯葉」
秋から冬へと変わりゆく季節とドイツの落日をかけたジオラマ
題して「枯葉」
金子!嘉瀬!!
首洗ってまっちょれ!!


正に神をも恐れぬ発言
当時、パチコンテストに入選したりAFVの会で賞もらったりした時期で、まぁ若かった「あの頃君は馬鹿だった」ですね(笑)

しかし
どんなに吠えて犬畜生

に適うはずも無く、完成したのは
神様達の半分位の大きさのジオラマ
それでもジオラマの半分を埋め尽くす大量の落ち葉
地元の仲間達は褒めてくれましたよ(笑)

後はフィギュアをセットするまで
というところまで来てわんこは諸々の事情でプラモからも離れ
                 ↑
              バチだよバチ(笑)


何年かたって、この頃作ったプラモや作りかけのジオラマを実家の片付けの際に発見しました。

もぉ、プラモを作る事なんてないんだろうし
このまま埃を被って壊れてしまうのもなぁ

よし、世の中には誰か奇特な人もいるだろう
ヤフーオークションで処分しよう!!

と全部売り払ってしまいました。

まさか、またこうやってプラモに復帰して
あまつさえプラモブログをやっているなんて
正に
神のみぞ知る、野良犬なんかには思いもよらぬ事でした(笑)

今思えば写真位撮っておけばよかったな
なんて思ったりも時々しますが今は今。

ジオラマ関連は奇特な方がまとめて落札してくれので
今もどこかで大切に保存されている
と思いたいですねぇ(笑)

えっ?
で、「枯葉」の表現はどしたんだ?
ですか?

いやぁ、前回のブログの話しで思い出しちゃって(笑)
次回はちゃんとやりますって
まぁ、たまには昔の話もいいじゃないですか。

えっ、たまにじゃないだろ?って
しょうがないじゃんそんな歳なんだもん(笑)

えっ?
よーするに俺はこの方法を早くからやってたんぞ と主張したいだけだろ?

ぎくっいやそんな事まぁいいじゃないですか







スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。