スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ジオラマ(ディオラマ)と映画は

こんばんはわんこです。

プラモ大好きなわんこですが
マニアという程ではありませんが映画なんかも好きだったりします。

作品そのものを見るのも大好きですが

この監督がどうのこうの
撮影のだれだれはすごいねぇ
この配役は見事だよ
脚本家の技かねぇ
この美術だったら間違いないよな
とか、そんな作る側、製作側の話しなんかも大好きです。

随分前になにかのインタビューで
漫画家というのは、映画の製作システムを1人でやってるようなものだ
という話しを聞いたとき。

なるほどなぁ、と思ったのですが
あれ?
なんかこれに似たものがあるよな?

ジオラマ(ディオラマ)ってのはこの漫画家のいう
1人で映画を作ると同じなんだなと、と気が付きました。

ストーリーを作る 
これはどんな主題であるのかという部分でディオラマと同じです。

配役を決める
戦車であれ船であれ飛行機であれフィギュアであれ主人公や脇役。

大道具や小道具
ベースを作ったり木を植えたり建物を作ったり。

監督
それぞれの物を纏め上げて作品に仕上げる。

ここ暫くジオラマ、ジオラマと騒いでいたので思い出したのですが
すると今自分がブログでやっている過去のお浚いは
映画でいえば大道具、小道具の製作であって
ジオラマ(映画)製作ではないんだな(笑)
早く、配役や演出の勉強をして、色々な物を取りまとめ監督になりたいな(笑)
なんて事を2日程考えておりました。

もちろん
戦車をジオラマ台に置いた時点で
「地面の上にいる戦車」
と立派なストーリ
これが多分一番基礎なストーリーなんだと思います。
(木でも動物でも銃でも)

その基礎へ何か要素を加えていくことによって
作品の規模がかわっていく。

ここのところブログでやっているジオラマの話しも
この段階を進めていく過程です
所謂、名監督にはなれませんが個性御的な監督
自分の色が出ている監督になりたいですね。

と、なんか取りとめもない話失礼いたしました。

わんこ




あっ、大道具さんを極めるってのもあるなぁ。
車両や人形を作らないでベースだけ作ってくのも?ありじゃん
フィギュア製作って本当苦手だもんなぁ
ベースだけならその方が楽だし?←本当か?

早く大道具さんとして技術を重ねて名監督にお声かけてもらうのもいいかも(笑)






スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。