スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大脱走

わんこです。
本来ですと
姪っ子と一緒にジオラマ製作の続き
とうのが流れなんでしょうが。
私の悪い癖
更新するときはそれこそ日に二度するほど集中するのに
ぱったり何ヶ月も行方不明になったりする
という継続性ない悪癖を直すべく
プラモに関係ない話しも書いて行こうかと思い
映画というカテゴリを新しく作ってみました。
(ちゃんと姪っ子と一緒にジオラマ製作2書いております)

まぁ、私の見る映画なんで
戦争映画
とか
SF
とか、どこかでプラモに繋がりそうな話題です。(笑)

第一回目は
「大脱走」(The Great Escape)1963年公開


何故この映画が一回目かといいますと
東宝の企画
午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本
でリバイバル上映されたからなんです
もぉ、それこそ何十回見たか判らない程見た(テレビで)映画ですが
劇場の大画面で見られるってんでプラモ仲間と見て来ました。

いやぁ、本当面白かった。
ニュープリントらしいですがデジタルリマスタリングされた
もので無いのがちと残念でしたが


今迄何十回見たかわからないのに
上映中ずぅ~っと画面に釘付け。
今見ても古びていない。
ドイツ軍の御偉いさんが出て来るシーンにかかる曲などは
やっぱりあの頃のハリウッド映画だなぁ(笑)とは思いますが


テレビサイズの幅が短い画面ばかり見ていたので
オープニングシーンの印象も
もっとバイクや車両がアップに映っていた印象でしたが
意外な程ににロングショット。

マニアっ毛が出始めてからも何度も見ているから
細かなディティールの見落とし等無いつもりでしたが
「おっ、オペルトラックの中に統制型キャビンがいる」
とか
「あっ、これは四駆型のオペルか?」
「このホルヒはどうやら戦後に改修した車両臭いなぁ」
「捕虜の護送兵の中にトンプソン持ってるのが一人いる」
などと上映後の友達と盛り上がりました(爆)
ここらへんがプラモ話題関連かな?(笑)

そして
スティーブ・マックイーン
ジェームズ・コバーン
チャールズ・ブロンソン
ドナルド・プレザンス
も、皆故人

でも
映画の中では皆若い

トンネルキングのブロンソンも
マンダム以前。

製造屋のジェームズ・コバーンも
「戦争のはらわた」
ましてや
スピークラーク
なんてCMする以前。

ビッグXのリチャード・アッテンボローも
「ガンジー」や「遠い夜明け」で
監督になるなんて夢また夢。

調達屋ジェームズ・ガーナーも
ロックフォードなんて
探偵さんになる前。

クーラーキングのマックイーンなんて
工学系の大学に通っていた最中に戦争がはじまったので
航空隊に志願したなどと話してて
20代前半

偽造屋のドナルド・プレザンスも
世界征服を企む
悪の秘密結社の首領前。

ドナルド・プレザンスといえば
007シリーズスペクターブロフェルド役などでお馴染ですが
子供の頃はじめてこの大脱走をテレビで見た際に
捕虜の中にドナルド・プレザンスが居るのを見て。
「あっ、こいつ何時も悪人やってる奴だ」
「絶対こいつは裏切り者だ!!」
と、ずぅ~っと疑いを持ちながら見ていたら
最後にドイツ兵に撃たれてしまい
「ええっ、この人いい人だったの?」
と驚いた覚えがあります(笑)

因に私の友人(女性)は
0011ナポレオン・ソロ
のイリヤ・クリヤキン役のデヴィッド・マッカラムのファンで
絶対後半に
「イリヤが活躍して皆を助けるんだ」
と思って見続けていたら
リチャード・アッテンボローを助ける為に
あっさりと撃ち殺されてショックを受けたそうです(笑)
彼女も当然ながら
ドナルド・プレザンスを疑っていたそうです(爆)

久々に見て
少し映画の知識が付いた所為もあるのか
要所要所に映し出される風景が
同じヨーロッパでもそれぞれの場所を現していたり
各捕虜が来ている軍服のタイプで
何時頃捕虜になったのかの時間経過がわかるようになっていたり
と画面に映る細かなディテイールが説明の一旦をちゃんと兼ねていたりと
一番油がのっていた頃のハリウッド映画の
集大成だと改めて感心させられました。


なんだか細かなディテイール話ししか書いていませんが
本当に面白い映画です。
現在ノーカットでメイキング付きのDVDなども発売されているようですので
機会があれば是非見て見て下さい。







スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
前代未聞の大作

こんばんは。わんこさん!

紅白歌合戦の裏番組で、ほぼ毎年前後編2夜連続で放送されてますましたね(^_^)v

「ベン・ハー」「大脱走」は1970年代では前代未聞の毎年放送あの頃は、テレビでの映画放送全盛期で声優さん有名人ばかりすよ。

マックイーンは宮部昭夫さん。ブロンソンは大塚周夫さん(ジブリの紅の豚のポルコ役)。コバーンは小林清志さん。マッカラムは井上真樹夫さん。アッテンボロ-は宮川洋一さん。

あげたらきりないですね(笑)

「独房王」ヒルツのバイクシーンは、本当はスタント無しで撮影したかったようですが、ハリウッドの方で許可が降りなかったそうな…。

でも、めちゃくちゃ好きでしたね(笑)あのバーンスタインの「大脱走のテーマ」は、ケータイの着メロに使っている位オタクです(^_^;)

脱走成功者は3名。ダニーとウィリーとセジウィックだけ。
史実にそった映画の内の名作。
同じ脱走映画のひとつで、「勝利への脱出」もわりかし好きで~す。

チャン家のママ | URL | 2010年07月24日(Sat)20:36 [EDIT]

おおおっ

やっぱりチャン家のママさんからコメントつきましたね
以前かおりさんのところで映画話でもりあがったので(笑)
>「ベン・ハー」「大脱走」は1970年代では前代未聞の毎年放送
70年代って
終戦記念日には
岡本喜八の「日本に一番長い日」とか
12月8日には「トラトラトラ」とか
そんな感じで毎年放送される作品ってありましたよね。

>声優さん有名人
マックイーンっていえば宮部昭夫の声ですよね。
大塚周夫さんは息子大塚明夫と親子共演するベテランで
ネズミ男とブロンソンのギャップも楽しんだものですよね。
とにかくこの役者はこの人って
当然の如く思う声優さんがいましたね。
とにかく前後編で放送してましたよね。
最近は違う声優さんの吹き替えがあるようですが
やっぱり最初の吹き替えがいいですねぇ。

>許可が降りなかったそうな…。
本人はやりたがってたらしいですが
危険だと言う事でストップかかったらしいですね。
当時は本人がやったと宣伝されたようですがね。

>同じ脱走映画のひとつで、「勝利への脱出」も
収容所ものっていうと
ウイリアムホールデンの第十七捕虜収容所ってのもありますが大脱走的各自が協力して的な話しだと
「勝利への脱出」ですよね。
ペレでしたっけ?
のサッカーシーンも話題になりましたよね。

わんこ | URL | 2010年07月24日(Sat)20:57 [EDIT]

名作

やっぱり食いつきますよ!!(笑)他にも参戦してくれる方がいると面白いんですが…(^_^;)


好きな映画は多いですよ~。「勝利への脱出」も、スタローンが若いですね!ペレのオーバーヘッドシュートが印象に強いと思いますが、なかなか英語が綺麗なんですよ~。2か国語で観て思いました。

一芸に秀でる方は凄いですね。

淀川長治さんの説明が楽しかったせいか…我が家では夜中でも映画以外の外国ドラマも見て可でした。

「ロックフォードの事件簿(メモ)」「ザ・マジシャン」「スタスキ-&ハッチ」など…マニアックな「刑事コルチャック」も観てました。

12月のクリスマス前後は映画三昧で、「史上最大の作戦」や「戦場にかける橋」たまに「宇宙戦艦ヤマト」シリーズや「スティング」「サウンド・オブ・ミュージック」「ローマの休日」「ゴッドファーザ-」も多かったですよね(笑)

チャン家のママ | URL | 2010年07月24日(Sat)23:11 [EDIT]

やっぱり

世代なのか?(笑)
環境が似ていたんですかね。

>ペレのオーバーヘッドシュートが印象に強いと思いますが、なかなか英語が綺麗なんですよ~。
>2か国語で観て思いました。
そうそう、オーバーヘッドシュートだ
私はメリケン語全滅なんで英語が綺麗とかはわかりませんでした。
スタローンのメジャー出だしの頃ですよね。

>「刑事コルチャック」
大好きです
「こんなもん記事にできねぇや」の最後の台詞
これも大塚周夫さんの吹き替えが光る作品ですよね。
怪人のマスクがアメリカのドンポスト社というメーカーのそのまま使ってるんですよね。

淀川さんの
「さよならさよなら」
水野さんの
「映画って本当にいいですね」
荻昌弘さんの
「今晩は荻昌弘です」(笑)
後、なんか事件をおこして番組が終わってしまった
土曜映画(関東だけかな?)
「来週もテレビの前の貴方とお会いしましょう」
とか名物が沢山ありましたよね。

なんか今よりもテレビの映画を見るのが楽しい時代だったかもですね。

家も両親が映画や海外ドラマ好きでよく見ていました。
(おまけに当時珍しい深夜型)

わんこ | URL | 2010年07月25日(Sun)00:13 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。