スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

メタルフィギュアの思い出

にゃんこです☆
いつになったら、わんこは復活してくれるのやら……。
いえ、母上様が退院されるまでは、わたし一人で頑張る!(をを、けなげ!!)

唐突に思い出しました!
わたし、高校時代にメタルフィギュアの色塗りをしたことがあります!!

わんこが、なんだか最近よく言うんですよ。
にゃんこは、フィギュアなんかが向いている気がするなぁ
……とは言われても、フィギュアで思いつくのは美少女ものとか、プラモデルの世界なら兵士のフィギュアとか、そんなものくらい。
う~ん、いまいち作る気が起らない……。
最終的には、メタルフィギュアとかもいいんじゃない? 色塗りだけになるけど
わんこにそう言われて、ぴ~んときたものが!!

高校時代、わたしは我ながら『おたく』な青春を送っていました。
クラスの女子がみんなお洒落に興味を持っていた時、わたしは文学少女でした。(自分で言うな文学少女)
芸能人の話題はさっぱりだけど、中国文学なら大いに語れる、という変な高校生でした。
まあ、なんというか、クラスでもお洒落な子たちが眩しくて気後れしちゃって、わたしなんかは、教室の隅で地味に本を読んでいるのが一番似合っている、というか、人見知りも激しいというか。
一方で、無類のゲーム好きで、そのおかげで、オタクな男子と話が合ったりして。
こちとら、お洒落ってもんから無縁と考えて、髪はぼさぼさ、分厚い眼鏡、服もよれよれだったおかげ(?)で、異性と扱われることがありませんでしたよとほほ。
(後から聞いたところ、『いや、さすがにエロゲームの話はできなかったよ』と言っていたので、若干は気を使ってくれていたようですが……)

あれ?
よく考えてみたら、わたしって、男どもをはべらせていた高校時代?(オタク男子ばかり)

さて、そんな仲間と一緒に興じていたのが、テーブルトークRPG
RPGの元祖と言える、アナログなRPGです。
マニュアルでルールを頭に叩き込み、サイコロや小さいメタルフィギュアを使って進行します。
そのメタルフィギュアを、わたし、塗ってました
オークとか、女戦士とか、今振り返ればなかなかリアルに出来ていましたよ。(自画自賛)
高さ2~3cmほどの、小さなものばかりですけどね。
特に、自分が使う女戦士フィギュアは、丹念に塗っていた記憶が。

弟やその友達もテーブルトークRPGに興味を示してくれたので、それを良いことに弟のプラカラーを借りて、ちまちまとRPG用のメタルフィギュアに色を塗ってましたよ。
現物がここに無いのが残念……。
あったとしても、小さいので写真を撮ってもピンぼけするでしょうけれど。
ちなみにわたしは、とても陰険なダンジョンマスターだったようです。
(※ダンジョンマスターとは、要するにシナリオを用意し、各プレイヤーを冒険に導く係。コンピュータRPGにおける、コンピュータの役割ですね)
こんなの倒せるか! なモンスターばかり用意したり、各種陰険な罠を仕掛けたり。 たとえば……。

  1. パーティーが、洞窟内を進む。
  2. 急勾配を降りたところで、たいまつが消える(二酸化炭素充満につき)
  3. その場で火をつけようとしても点かないばかりか、息苦しく頭痛もしてくる(二酸化炭素充満につき)
  4. 少し進んで、登り勾配に。
  5. 登ったところで息も出来るようになり、改めてたいまつに点火。(水素と酸素が絶妙に混じっている空間で)
  6. 大爆発!!

をを……普通、死ぬよね?

テーブルトークRPGは、二年間ほどはやり続けていましたね。
ただ、コンピュータRPGに比べると、敷居が高いので、弟や弟の友達がやめてしまった時点で、メンバーも集まらず、やらなくなってしまいましたけど……。
懐かしいっす。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
桔梗屋さん?

にゃんこさん、悪ど過ぎます!!(^_^;)v-40
しかし、現実的なのではなまるです!!
確かに、洞窟に入って出るまで、たいまつが消えないのはおかしい!!ちょっと入っても、すご~く長くいても一緒というのはいかがなもんかと?常々思っておりました!
ファミコン版のドラクエⅠは、一定時間過ぎるとたいまつの火が消えてゆくというもので、正しいんだけど、洞窟に入るたびに大量のたいまつを持っていかなければならないので、ちょっと困難!

あれっ?あたしゲーマーになってる???やべっ!ははっは~・・・
聞いた話なんだけどね~(もう遅い)

るみなす | URL | 2008年08月21日(Thu)03:13 [EDIT]

な、仲間よ!!

ゲ……ゲーマー仲間よっ(がしっ)
(↑言い逃れはさせないぞっ、な勢いで)

そういえば、中国四川省で仙人が修行するとかいう伝説のある洞窟に入ってみたことがありますけど、あちこち虫だらけで(ゲジゲジみたいなのがいっぱい)、ほうほうのていで出ちゃったことが……。洞窟探検、生では無理!! わたし、勇者にはなれません!

にゃんこ | URL | 2008年08月21日(Thu)10:28 [EDIT]

生洞窟!?

たいまつ持っていかないと、モンスター(ゲジゲジ)にやられてしまうであります!!
薬草と、毒消し草も!!
個人的には、はがねの剣が良いですね!!
いや、ロトの剣とか、はぐれメタルの剣がいいんでしょうけど・・・
ち・ちがう!!私はそんなに知らないはずよぉ~~~(>_<)

るみなす | URL | 2008年08月21日(Thu)16:51 [EDIT]

仲間よ……!

仲間よ……!(がしっ)
(↑もう逃がしませんわよをほほほほ、な笑みを浮かべつつ)

にゃんこ | URL | 2008年08月22日(Fri)00:09 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。