スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

にゃんこ【ギロロロボMk-II】その3:爪磨き☆

にゃんこです☆

昨夜は、今日の午前まで仕上げなければいけない仕事のために、更新できず。
わんこもまた何やら忙しい様子なので、そちらも駄目。
今、ようやく面倒なフラッシュを作り終え、こうやって更新できます♪
(でも、ちゃっかりギロロロボの作成は進めてた?!)

このシリーズは、以下の通り☆

さてさて、エアブラシで吹き付けるべき残りの部分は、メインとなる赤(ちょっとサーモンピンクっぽい?)のみ。
しかし、ギロロの頭が磨き終わらなければ、エアブラシの作業が二度手間となってしまいます。

ギロロの目と顎の部分を入れて、頭部の部品を貼り合わせます。
接着剤をかな~りたっぷり塗ってはめたら、余った接着剤が合わせ目から盛り上がってくれます。
そのまま、乾くのを待つこと一日。
せっかく合わせたのに、接着面がほんの僅かに離れて、溝が出来ていましたよ……。
クリップか何かで止めておくべきでした。
とりあえず、400番で磨きます。
それでも残ってしまう溝へ、パテ埋め。
さらに、待ちます……。夕方まで。

まだ早いかな……と思いつつも、さっさと仕上げたい誘惑に勝てず、パテ埋めの部分を削り始めました。
うん、夏の盛りだけあって、とっとと乾いてくれた模様。
400番で磨き、800番で磨き……。
次は1200番、と思ったわたしの視界に、ふと或るアイテムが。

にゃにゃにゃにゃ~~~ん☆
爪磨きぃ~~~~♪
自分の爪なんか、しばらくは磨いていないのに、それをプラモデルに使おうというこの根性。
オナゴとしては失格でも、プラモ作成者としては合格と自画自賛しておきましょう。

爪磨きは、表裏それぞれ荒い面と細かい面の二つで構成されています(ちょっと高級になったら、3段階も有り)
その内の荒い面は、1200番くらいに相当しそうです。
細かい、仕上げ用の面は、2000番か、それ以上に相当しそうです。
しかも、微妙にスポンジっぽくなっているので、スポンジヤスリのような効果が得られます。 そして、今まさに磨かんとしているのは、ギロロの頭。
まんまるです☆

ギロロMk2_制作過程07

きゅっきゅっきゅ……☆
きゅっきゅっきゅっきゅっきゅ☆

できた~~~~~♪
まるでコンパウンドで磨いたがごとく、ぴっかぴかです。
これを、是非とも自分の爪にも応用したいものです。(そっちが本来の使い道だよ、おい。ってゆ~か、本末転倒?)

次回へ続きます。

余談:

ひょっとして……。
場合によっては、爪磨きがない時は、自分の爪を磨きたくなったら1200番→2000番→コンパウンドという順序で、ぴかぴかにできるのでは……。
マニキュアの代わりに、エナメルカラーが使えないだろうか……?
(マニキュアもエナメルだし)
そんなことを考えるわたしは、著しく何かを逸脱してはいないだろうか……?
そう、女子としての何かが、根本的に間違っているような気が……?

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
ちょっと違うヤスリの活用法?

新しいヤスリの活用法!正しいであります!!
ちなみに、布のヤスリ(2000番3000番)もあります!それも試してみてぇ~(^o^)丿
オオゴシさんが爪磨きでキュベレイ作ってましたけど、家には爪磨きなどない!!(自信たっぷり!)
100円ショップで売ってるんだけどね~。

しかし、にゃんこさんは丁寧に磨くんですね?私は600番でしかやらない!あはっ!
パトレイバーイングラムのみ、1000番で磨きましたが、あとは全て600番。めんど~なんだもん。
しかし、600番のヤスリは町のおもちゃ屋さんにしかないので、それだけのために車で行くのも大変(いつもまとめ買いしてますけど)しかししかし、近所の大型電気量販店で800番が100円で売っているのを発見。今後800番になる可能性「大」

明日の今頃は「ギロロロボ」出来てるのかな~!!

るみなす | URL | 2008年07月30日(Wed)17:54 [EDIT]

ミガク……タノシイ……ワハハ

ふにゃ~~~☆
オオゴシさんのキュベレイで、爪磨き、使ってましたか。お、覚えてなかった……(- -;) 我ながら素晴らしい記憶力ですな、はっはっは!
でもその記憶が脳みそのどこかに残っていて、今回のことを思いついたのかも?

もしかしてわたしって、無駄に磨いていた?
そっか、600番くらいまででもよかったのか……。ごふっ(吐血)
そういえば、塗装前提なら、『800番くらいまででOKだ』とか、わんこが言っていたような……?
(師匠の言葉をさっぱり聞いていない証拠)

考えてみたら、4段階で磨いてたら、手間も4倍……くらっ(貧血)
い、いや、磨くことそのものが楽しいんだい!!
あ~っはっはっは、楽しいな~~~(しゃこしゃこしゃこしゃこしゃこ)

にゃんこ | URL | 2008年07月30日(Wed)21:50 [EDIT]

私は
大きな段差などがある場合はダイヤモンドヤスリ
400番
600番
800番
てな感じですね。
但し、戦車なんかの場合で
艶あり塗装の場合は
更に1200番
(場合によっては2000番まで)
後にコンパウンドなどで仕上
などのパターンになります。

場所と場合によっては400番のみの荒技も使います。

>塗装前提なら、『800番くらいまででOKだ』
艶消し塗装で~の場合は、と言った覚えはあります(笑)

わんこ | URL | 2008年07月31日(Thu)06:12 [EDIT]

でも表面に塗装後にも目立つような傷なきゃ
ペーパーかけなくても大丈夫なんだよね。(笑)

逆に塗装をしっかり乗せる為に
足付けとして、若干表面も荒らす為にペーパーかける場合もあります。

わんこ | URL | 2008年07月31日(Thu)06:14 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。